【9281】I-タカラインフラF2018年5月期(第5期)、2018年11月期(第6期)及び2019年5月期(第7期)の運用状況の予想の修正に関するお知らせのIR速報

20180112 18:00、I-タカラインフラF(9281)の新着情報を配信します。

PDFファイルはこちら

以下、PDFファイルのテキスト抽出結果となりますが、PDFファイルの仕様により、文字化けが発生する場合がございます。
その際は、お手数ですが上記、PDFファイルをご参照頂けますよう、お願い申し上げます。

ご注意:本報道発表文は、本投資法人の 2018 年5月期(第5期)、2018 年 11 月期(第6期)及び 2019 年5
月期(第7期)の運用状況の予想の修正に関して一般に公表するための文書であり、投資勧誘を目
的として作成されたものではありません。
1

2018 年1月 12 日

各 位

インフラファンド発行者名
タカラレーベン・インフラ投資法人
代表者名 執行役員 菊池 正英
(コード番号 9281)
管理会社名
タカラアセットマネジメント株式会社
代表者名 代表取締役社長 舟本 哲夫
問合せ先 取締役投資運用部長 髙橋 衛
TEL: 03-6262-6402

2018年5月期(第5期)、2018年 11月期(第6期)及び
2019年5月期(第7期)の運用状況の予想の修正に関するお知らせ

タカラレーベン・インフラ投資法人(以下「本投資法人」といいます。)は、2017年 11月 28日付
で公表した、2018年5月期(第5期)(2017年 12月1日~2018年5月 31日)、2018年 11月期(第
6期)(2018 年6月1日~2018 年 11 月 30 日)及び 2019 年5月期(第7期)(2018 年 12 月1日~
2019 年5月 31 日)における運用状況の予想を修正いたしましたので、下記のとおりお知らせいたし
ます。

1.運用状況の予想の修正
(1)2018年5月期(第5期)の運用状況の予想の修正の内容
営業収益 営業利益 経常利益 当期純利益
1口当たり
分配金
(利益超過分配金
は含みません。)
1口当たり
利益超過分
配金
1口当たり
分配金
(利益超過分
配金を含みま
す。)
前回発表
予想
(A)
1,189
百万円
447
百万円
391
百万円
390
百万円
3,307 円 464円 3,771 円
今回発表
予想
(B)
1,189
百万円
463
百万円
407
百万円
406
百万円
3,444 円 464円 3,908 円
増減額
(B-A)
0
百万円
16
百万円
16
百万円
16
百万円
137円 0 円 137円
増減率 0.0% 3.6% 4.1% 4.1% 4.1% 0.0% 3.6%

ご注意:本報道発表文は、本投資法人の 2018 年5月期(第5期)、2018 年 11 月期(第6期)及び 2019 年5
月期(第7期)の運用状況の予想の修正に関して一般に公表するための文書であり、投資勧誘を目
的として作成されたものではありません。
2

(2)2018年 11月期(第6期)の運用状況の予想の修正の内容
営業収益 営業利益 経常利益 当期純利益
1口当たり
分配金
(利益超過分配金
は含みません。)
1口当たり
利益超過分
配金
1口当たり
分配金
(利益超過分
配金を含みま
す。)
前回発表
予想
(A)
1,139
百万円
363
百万円
306
百万円
305
百万円
2,589 円 331円 2,920 円
今回発表
予想
(B)
1,139
百万円
394
百万円
337
百万円
336
百万円
2,855 円 331円 3,186 円
増減額
(B-A)
0
百万円
31
百万円
31
百万円
31
百万円
266円 0 円 266円
増減率 0.0% 8.6% 10.2% 10.3% 10.3% 0.0% 9.1%

(3)2019年5月期(第7期)の運用状況の予想の修正の内容
営業収益 営業利益 経常利益 当期純利益
1口当たり
分配金
(利益超過分配金
は含みません。)
1口当たり
利益超過分
配金
1口当たり
分配金
(利益超過分
配金を含みま
す。)
前回発表
予想
(A)
1,190
百万円
409
百万円
354
百万円
353
百万円
2,994 円 317円 3,311 円
今回発表
予想
(B)
1,190
百万円
440
百万円
384
百万円
383
百万円
3,251 円 317円 3,568 円
増減額
(B-A)
0
百万円
30
百万円
30
百万円
30
百万円
257円 0 円 257円
増減率 0.0% 7.4% 8.6% 8.6% 8.6% 0.0% 7.8%
(参考)
2018年5月期(第5期):予想期末発行済投資口数 117,976口 1口当たり予想当期純利益 3,444円
2018年 11月期(第6期):予想期末発行済投資口数 117,976口 1口当たり予想当期純利益 2,855円
2019年5月期(第7期):予想期末発行済投資口数 117,976口 1口当たり予想当期純利益 3,251円

(注記)
1. 上記予想数値は、別紙「2018 年5月期(第5期)、2018 年 11 月期(第6期)及び 2019 年5月期(第7
期)の運用状況の予想の前提条件」記載の前提条件の下に算出した現時点のものであり、今後の再生可能
エネルギー発電設備等の取得若しくは売却、インフラ市場等の推移、金利の変動、又は本投資法人を取り
巻くその他の状況の変化等により、実際の営業収益、営業利益、経常利益、当期純利益、1口当たり分配
金(利益超過分配金は含みません。)、1口当たり利益超過分配金及び1口当たり分配金(利益超過分配金
を含みます。)は変動する可能性があります。また、本予想は分配金及び利益超過分配金の額を保証するも
のではありません。
2.上記予想と一定以上の乖離が見込まれる場合は、予想の修正を行うことがあります。
3.単位未満の数値は切り捨てて表示しています。比率については、小数第2位を四捨五入した数値を記載し
ています。以下同じです。

ご注意:本報道発表文は、本投資法人の 2018 年5月期(第5期)、2018 年 11 月期(第6期)及び 2019 年5
月期(第7期)の運用状況の予想の修正に関して一般に公表するための文書であり、投資勧誘を目
的として作成されたものではありません。
3

2. 運用状況の予想の修正及び公表の理由
2017年 11月 28 日付「2018 年5月期(第5期)の運用状況の予想の修正並びに 2018年 11月期
(第6期)及び 2019年5月期(第7期)の運用状況の予想に関するお知らせ」において公表した
2018年 11月期(第6期)及び 2019年5月期(第7期)の運用状況の予想値に5%以上の差異が
生じたことから、修正を行うものです。
本修正の要因は、本投資法人の保有資産である LS那須那珂川発電所において、那珂川町企業立
地促進条例に基づく企業立地奨励金により、2017 年度から 2021 年度分までの固定資産税相当額
が交付されることを考慮したことによるものです。詳細は別紙「2018年5月期(第5期)、2018
年 11 月期(第6期)及び 2019 年5月期(第7期)の運用状況の予想の前提条件」をご参照くだ
さい。

以上

* 本投資法人のホームページアドレス:http://tif9281.co.jp/

ご注意:本報道発表文は、本投資法人の 2018 年5月期(第5期)、2018 年 11 月期(第6期)及び 2019 年5
月期(第7期)の運用状況の予想の修正に関して一般に公表するための文書であり、投資勧誘を目
的として作成されたものではありません。
4

【別紙】
2018年5月期(第5期)、2018年 11月期(第6期)
及び 2019年5月期(第7期)の運用状況の予想の前提条件
項 目 前提条件
計算期間
 2018年5月期(第5期):2017年 12 月1日~2018年5月 31日(182 日)
 2018年 11月期(第6期):2018年6月1日~2018年 11 月 30日(183 日)
 2019年5月期(第7期):2018年 12 月1日~2019年5月 31日(182 日)
運用資産
 本日現在保有している 20物件(以下「保有資産」といいます。)に、2018 年2月
1日に取得を見込んでいる1物件(以下「取得予定資産」といいます。)を加えた
計 21 物件を保有していることを前提としています。取得予定資産の取得の詳細に
つきましては、2017 年 11 月 28 日付公表の「国内インフラ資産の取得及び貸借に
関するお知らせ」をご参照ください。
 運用状況の予想にあたっては、取得予定資産を上記日付に取得すること及び 2019
年5月期(第7期)末まで運用資産の異動(新規資産の取得、保有資産の処分等)
がないことを前提としています。
 実際には取得予定資産以外の新規資産の取得又は保有資産の処分等により変動す
る可能性があります。
営業収益
 保有資産のうち、平成 28 年6月2日に取得した 10 物件の賃貸事業収益について
は、本日現在、効力を有する太陽光発電設備等の賃貸借契約に記載されている、年
間時別日射量データベース等を基に第三者によって算出された発電量予測値(超
過確率 P(パーセンタイル)50)を勘案して算定された当該月の予想売電収入の金
額と同額の最低保証賃料を基準に算出しており、2017年2月7日に取得した LS神
栖波崎発電所、2017 年6月1日に取得した7物件及び 2017 年 12 月1日に取得し
た2物件の賃貸事業収益については、本日現在、効力を有する太陽光発電設備等
の賃貸借契約に記載されている最低保証賃料に、発電量が年間時別日射量データ
ベース等を基に第三者によって算出された発電量予測値(超過確率 P(パーセンタ
イル)50)であることを前提とした実績連動賃料を加算したものを基準に算出して
います。取得予定資産の賃貸事業収益については、取得予定資産の取得予定日に
おいて効力を有する太陽光発電設備等の賃貸借契約に記載されている最低保証賃
料に、発電量が年間時別日射量データベース等を基に第三者によって算出された
発電量予測値(超過確率 P(パーセンタイル)50)であることを前提とした実績連
動賃料を加算したものを基準に算出しています。
 賃貸事業収益については、賃料の滞納又は不払いがないことを前提としています。
営業費用
 主たる営業費用である賃貸事業費用のうち、減価償却費以外の費用については、過
去の実績値をベースに、費用の変動要素を反映して算出しています。また、取得予
定資産については、各取得予定資産の現所有者等より提供を受けた情報に基づき、
過去の実績値及び各委託先への見積もり等により得られた数値をベースに、費用
の変動要素を反映して算出しています。
 本投資法人では、太陽光発電設備等の取得にあたり、固定資産税等については、現
所有者との間で期間按分により精算することを予定しており、当該精算相当額に
ついては、取得年度において取得原価に算入します。したがいまして、取得予定資
産にかかる 2018年度の固定資産税等は費用として計上していません。なお、取得
予定資産について取得原価に算入する固定資産税等の精算金の総額は 0.9 百万円
を見込んでいます。また、保有資産及び取得予定資産にかかる固定資産税等につい
ては、「2. 運用状況の予想の修正及び公表の理由」に記載の企業立地奨励金によ
り、LS 那須那珂川発電所の固定資産税相当額の見直しを行い、2018 年5月期(第
5期)に 49 百万円、2018年 11 月期(第6期)に 67百万円、2019年5月期(第7
期)に 68百万円を見込んでいます。
 太陽光発電設備における保守管理費用は 2018 年5月期(第5期)、2018 年 11 月
期(第6期)及び 2019年5月期(第7期)においてそれぞれ 61百万円を見込んで

ご注意:本報道発表文は、本投資法人の 2018 年5月期(第5期)、2018 年 11 月期(第6期)及び 2019 年5
月期(第7期)の運用状況の予想の修正に関して一般に公表するための文書であり、投資勧誘を目
的として作成されたものではありません。
5

おります。また、水道光熱費におきましては 2018年5月期(第5期)において5
百万円、2018 年 11 月期(第6期)及び 2019 年5月期(第7期)においてそれぞ
れ6百万円を見込んでおります。
 オペレーター報酬については、2018 年5月期(第5期)に 15 百万円、2018 年 11
月期(第6期)に 14 百万円、及び 2019 年5月期(第7期)に 15 百万円を見込ん
でおります。
 減価償却費については、付随費用等を含めて定額法により算出しており、2018 年
5月期(第5期)において 450 百万円、2018 年 11 月期(第6期)及び 2019 年5
月期(第7期)においてそれぞれ 453百万円を見込んでいます。
営業外費用
 創立費及び新投資口の発行等に係る費用として、2018 年5月期(第5期)、2018
年 11 月期(第6期)及び 2019年5月期(第7期)においてそれぞれ8百万円を見
込んでいます。
 支払利息その他融資関連費用として、2018 年5月期(第5期)及び 2018 年 11 月
期(第6期)にそれぞれ 47 百万円、2019 年5月期(第7期)に 45 百万円を見込
んでいます。
借入金
 本日現在、本投資法人においては 13,038百万円の借入金残高があります。かかる
借入れについては、各期の末日に、約定によりそれぞれ 401百万円を返済すること
を前提としています。
 2018 年2月1日に金融商品取引法第2条第3項第1号に規定する適格機関投資家
(租税特別措置法第 67 条の 15 第1項第1号ロ(2)に規定する機関投資家に限り
ます。)より 475百万円の借入れを行うことを前提としています。
 2018年5月期(第5期)末の総資産有利子負債比率(LTV)は 53.6%程度となる見
込みです。
 総資産有利子負債比率(LTV)の算出にあたっては、次の算式を使用しています。
総資産有利子負債比率(LTV)=有利子負債総額÷資産総額×100
投資口
 本日現在の発行済投資口数117,976口を前提としています。
 2019 年5月期(第7期)末までに新投資口の発行等による投資口数の変動がない
ことを前提としています。
 1口当たり分配金(利益超過分配金は含みません。)、1口当たり利益超過分配金
及び1口当たり分配金(利益超過分配金を含みます。)は、予想期末発行済投資口
数 117,976口により算出しています。
1口当たり分配金
(利益超過分配金
は含みません。)
 1口当たり分配金(利益超過分配金は含みません。)は、本投資法人の規約に定め
る金銭の分配の方針に従い、利益の全額を分配することを前提として算出してい
ます。
 賃借人の異動、賃貸借契約の内容の変更に伴う賃料収入の変動又は予期せぬ修繕
の発生等を含む種々の要因により、1口当たり分配金(利益超過分配金は含みませ
ん。)は変動する可能性があります。
1口当たり
利益超過分配金
 1口当たり利益超過分配金は、本投資法人の規約及びタカラアセットマネジメン
ト株式会社の社内規程である運用ガイドラインに定める金銭の分配の方針に従い
算出します。
 本投資法人は、長期修繕計画に基づき想定される各計算期間の資本的支出の額に
鑑み、長期修繕計画に影響を及ぼさず、かつ、資金需要(投資対象資産の新規取得、
保有資産の維持・向上に向けて必要となる資本的支出等、本投資法人の運転資金、
債務の返済及び分配金の支払等)に対応するため、融資枠等の設定状況を勘案の
上、本投資法人が妥当と考える現預金を留保した残額を、原則として全額、毎計算
期間分配する方針とし、このうち、利益の額を超える額は、利益を超えた金銭の分
配(出資の払戻し)として分配します。ただし、これらの分配は、本投資法人の財
務状態に悪影響を及ぼさない範囲で、かつ、法令等(一般社団法人投資信託協会の
定める規則を含みます。)に定める金額を限度とします。
 上記の方針に基づき、本投資法人が妥当と考える現預金を留保した残額のうち利益

ご注意:本報道発表文は、本投資法人の 2018 年5月期(第5期)、2018 年 11 月期(第6期)及び 2019 年5
月期(第7期)の運用状況の予想の修正に関して一般に公表するための文書であり、投資勧誘を目
的として作成されたものではありません。
6

の額を超える額を 2018年5月期(第5期)、2018年 11 月期(第6期)及び 2019年
5月期(第7期)の予想期末発行済投資口数 117,976口で除した金額を1口当たり
利益超過分配金として算出しており、利益超過分配金総額は、2018 年5月期(第
5期)に 54百万円、2018年 11 月期(第6期)に 39百万円、2019 年5月期(第7
期)に 37百万円を見込んでおります。
 経済環境、再生可能エネルギー発電事業に関する市場環境、本投資法人の財務状況
等諸般の事情を総合的に考慮した上で、修繕や資本的支出への活用、借入金の返
済、新規物件の取得資金への充当、自己投資口の取得などの他の選択肢についても
検討の上、利益を超えた金銭の分配(出資の払戻し)を実施しない場合もあります。
 なお、利益を超えた金銭の分配(出資の払戻し)の実施は手元資金の減少を伴うた
め、突発的な事象等により本投資法人の想定を超えて資本的支出等を行う必要が
生じた場合に手元資金の不足が生じる可能性や、機動的な物件取得に当たり資金
面での制約となる可能性があります。また、利益を超えた金銭の分配(出資の払戻
し)を実施した場合、当該金額は出資総額又は出資剰余金から控除されます。
その他
 法令、税制、会計基準、株式会社東京証券取引所の定める上場規程等、一般社団法
人投資信託協会の定める規則等において、上記の予想数値に影響を与える改正が
行われないことを前提としています。
 一般的な経済動向、太陽光発電設備の市況及び不動産市況等に不測の重大な変化
が生じないことを前提としています。

Ads

関連記事

【7445】ライトオン特別損失の発生並びに通期業績予想との差異に関するお知らせのIR速報

20140930 11:30、ライトオン(7445)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以

記事を読む

【8715】アニコム HD当社株式の貸借銘柄選定に関するお知らせのIR速報

20151007 17:00、アニコム HD(8715)の新着情報を配信します。PDFファイルはこち

記事を読む

【6222】島精機平成29年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)のIR速報

20160729 15:10、島精機(6222)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下、

記事を読む

【2433】博報堂DY平成28年4月度 株式会社博報堂・株式会社大広・株式会社読売広告社 単体売上高実績表のIR速報

20160513 15:00、博報堂DY(2433)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以

記事を読む

【2150】M-ケアネット自己株式の取得状況に関するお知らせのIR速報

20161214 15:30、M-ケアネット(2150)の新着情報を配信します。PDFファイルはこち

記事を読む

【6728】アルバック役員異動に関するお知らせのIR速報

20170809 15:03、アルバック(6728)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以

記事を読む

【4293】J-セプテーニHD平成28年9月期 第3四半期決算短信〔IFRS〕(連結)のIR速報

20160802 15:00、J-セプテーニHD(4293)の新着情報を配信します。PDFファイルは

記事を読む

【4586】M-メドレック消炎鎮痛貼付剤ETOREAT(R)の臨床試験の最終症例観察終了に関するお知らせのIR速報

20160722 11:30、M-メドレック(4586)の新着情報を配信します。PDFファイルはこち

記事を読む

【3477】M-フォーライフ(訂正・数値データ訂正)「平成29年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)」の一部訂正についてのIR速報

20170628 12:00、M-フォーライフ(3477)の新着情報を配信します。PDFファイルはこ

記事を読む

【9602】東宝自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)による自己株式の買付けに関するお知らせのIR速報

20151119 17:00、東宝(9602)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下、P

記事を読む

Ads

Ads