【6952】カシオ計平成29年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)のIR速報

20161102 15:00、カシオ計(6952)の新着情報を配信します。

PDFファイルはこちら

以下、PDFファイルのテキスト抽出結果となりますが、PDFファイルの仕様により、文字化けが発生する場合がございます。
その際は、お手数ですが上記、PDFファイルをご参照頂けますよう、お願い申し上げます。

平成29年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成28年11月2日
(百万円未満四捨五入)
上場会社名 カシオ計算機株式会社 上場取引所 東
コード番号 6952 URL http://casio.jp/
代表者 (役職名) 代表取締役社長 (氏名) 樫尾 和宏
問合せ先責任者 (役職名) 取締役 専務執行役員 財務・IR担当 (氏名) 高木 明徳 TEL 03-5334-4852
四半期報告書提出予定日 平成28年11月14日 配当支払開始予定日 平成28年12月2日
四半期決算補足説明資料作成の有無 : 有
四半期決算説明会開催の有無 : 有
1. 平成29年3月期第2四半期の連結業績(平成28年4月1日~平成28年9月30日)

(2) 連結財政状態

(1) 連結経営成績(累計) (%表示は、対前年同四半期増減率)
売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する四半期純利益
百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %
29年3月期第2四半期 156,700 △9.9 13,480 △37.7 8,227 △62.2 6,387 △58.6
28年3月期第2四半期 173,994 8.7 21,633 36.8 21,743 32.7 15,413 48.6
(注)包括利益 29年3月期第2四半期 △1,614百万円 (―%) 28年3月期第2四半期 11,210百万円 (△11.4%)
1株当たり四半期純利益 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益
円 銭 円 銭
29年3月期第2四半期 24.92 24.44
28年3月期第2四半期 58.98 57.89
総資産 純資産 自己資本比率
百万円 百万円 %
29年3月期第2四半期 348,550 194,729 55.9
28年3月期 368,454 202,111 54.9
(参考)自己資本 29年3月期第2四半期 194,729百万円 28年3月期 202,111百万円
2. 配当の状況
(注)直近に公表されている配当予想からの修正の有無 : 無

年間配当金
第1四半期末 第2四半期末 第3四半期末 期末 合計
円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭
28年3月期 ― 17.50 ― 22.50 40.00
29年3月期 ― 20.00
29年3月期(予想) ― 20.00 40.00
3. 平成29年3月期の連結業績予想(平成28年4月1日~平成29年3月31日)
(%表示は、対前期増減率)
(注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無 : 有
売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益
1株当たり当期
純利益
百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円 銭
通期 330,000 △6.3 30,500 △27.7 25,500 △37.9 18,000 △42.3 70.22
(1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動) : 無
(2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 無
(3) 会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
(注)詳細は、添付資料P.3「会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示」をご覧ください。
(4) 発行済株式数(普通株式)
※四半期レビュー手続の実施状況に関する表示
この四半期決算短信は、金融商品取引法に基づくレビュー手続の対象外であり、この四半期決算短信の開示時点において、金融商品取引法に基づく四半期
連結財務諸表に対するレビュー手続は終了しておりません。
※業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
1.本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、その
達成を当社として約束する趣旨のものではありません。また、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。業績予想の前提となる条件及
び業績予想のご利用にあたっての注意事項等については、添付資料P.2「連結業績予想などの将来予測情報に関する説明」をご覧ください。なお、平成28年5
月11日に公表いたしました連結業績予想は、本資料において修正しております。
2.決算補足説明資料はTDnetで同日開示しております。
※ 注記事項
新規 ―社 (社名) ─ 、 除外 ―社 (社名) ─
① 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 : 有
② ①以外の会計方針の変更 : 無
③ 会計上の見積りの変更 : 無
④ 修正再表示 : 無
① 期末発行済株式数(自己株式を含む) 29年3月期2Q 269,020,914 株 28年3月期 269,020,914 株
② 期末自己株式数 29年3月期2Q 12,689,986 株 28年3月期 12,688,923 株
③ 期中平均株式数(四半期累計) 29年3月期2Q 256,331,524 株 28年3月期2Q 261,337,344 株
○添付資料の目次
 
1.当四半期決算に関する定性的情報 ……………………………………………… 2
(1) 経営成績に関する説明 ………………………………………………………… 2
(2) 財政状態に関する説明 ………………………………………………………… 2
(3) 連結業績予想などの将来予測情報に関する説明 …………………………… 2
2.サマリー情報(注記事項)に関する事項 ……………………………………… 3
(1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ……………………… 3
(2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 ……………………… 3
(3) 会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示 …………………… 3
(4) 追加情報 ………………………………………………………………………… 3
3.四半期連結財務諸表 ……………………………………………………………… 4
(1) 四半期連結貸借対照表 ………………………………………………………… 4
(2) 四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書 …………………… 6
(3) 四半期連結キャッシュ・フロー計算書 ……………………………………… 8
(4) 四半期連結財務諸表に関する注記事項 ……………………………………… 9
(継続企業の前提に関する注記) ……………………………………………… 9
(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記) ……………………… 9
(セグメント情報) ……………………………………………………………… 9
 
カシオ???(?)(6952)??29?3?? ?2???????
─ 1 ─
1.当四半期決算に関する定性的情報
(1) 経営成績に関する説明
当上半期における内外経済は、米国では緩やかな回復基調で推移した一方、新興国の低迷、急激
な為替変動、英国のEU離脱問題等により、先行き不透明な状況で推移しました。
この環境下、当第2四半期連結累計期間の売上高は、1,567億円となりました。セグメント
別内訳は、コンシューマが1,330億円、システムが191億円、その他が44億円となりまし
た。
時計はGPSハイブリッド電波ソーラー搭載「G-SHOCK」、Bluetooth®でスマ
ートフォンと連携する「EDIFICE」の売上が好調に推移しました。電卓は海外の国別ニーズ
に最適な関数電卓が好調に推移しました。
損益につきましては、コンシューマは170億円の営業利益となりました。時計は製品ミッ
クスの改善により高収益性を維持しました。電卓は海外で関数電卓の好調により収益性を確保
しました。システムは推進中の構造改革施策の影響により14億円の営業損失となりました。
その他は1億円の営業利益となりました。この結果、調整後の連結合計として134億円の営
業利益となりました。また、急激な円高により経常利益は82億円、親会社株主に帰属する四
半期純利益は63億円となりました。
 
(2) 財政状態に関する説明
当第2四半期連結会計期間末の総資産は、受取手形及び売掛金の減少などにより、前連結会計年
度末比199億円減少の3,485億円となりました。純資産は、為替換算調整勘定の減少などに
より、前連結会計年度末比73億円減少の1,947億円となりました。その結果、自己資本比率
は前連結会計年度末比1ポイント増の55.9%に改善されました。
キャッシュ・フローの状況については、営業活動によるキャッシュ・フローは126億円の収
入、投資活動によるキャッシュ・フローは24億円の支出、財務活動によるキャッシュ・フローは
63億円の支出となり、当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計
年度末比36億円減少の1,243億円となりました。
当グループは今後も引き続き事業資産の効率的運営の徹底を図り、安定的且つ強靭な財務体質の
構築に取り組みます。
 
(3) 連結業績予想などの将来予測情報に関する説明
急激な円高の影響及びシステム事業の構造改革推進に向けた生産・販売調整等により、平成28
年5月11日に公表した平成29年3月期の通期連結業績予想を以下の通り修正いたします。

 
第2四半期連結累計期間の実績に加え、引き続き円高基調が予想されること及びシステム事業の
構造改革に伴う影響等により、売上高、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益と
もに前回予想を下回る見通しとなりました。
今期は一過性の要因から減収減益となりますが、0→1のカシオとして培ってきた商品企画力と
独自の技術力により、強靭な収益力を固め、将来の大きな成長に繋げて参ります。
 
【連結業績予想】  (単位:億円)
 
  売上高 営業利益 経常利益
親会社株主に
帰属する
当期純利益
前回発表予想(A)
(平成28年5月11日発表)
 
3,700
 
480
 
460
 
330
今回修正予想(B) 3,300 305 255 180
増減額(B-A) △400 △175 △205 △150
 
カシオ???(?)(6952)??29?3?? ?2???????
─ 2 ─
(注) 業績見通しについて
①為替水準は1US$=103円、1ユーロ=114円を想定しております。
②業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると
判断する一定の前提に基づいており、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可
能性があります。実際の業績に影響を与える要素としては、当グループの事業をとりま
く経済情勢、対ドルをはじめとする主要為替相場の変動、製品販売価格の大幅な変動な
どが考えられますが、これらに限られるものではありません。
 
2.サマリー情報(注記事項)に関する事項
(1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動
該当事項はありません。
 
(2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用
該当事項はありません。
 
(3) 会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
(会計方針の変更)
法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱
い」(実務対応報告第32号 平成28年6月17日)を第1四半期連結会計期間に適用し、平成28年4
月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更して
おります。この変更が損益に与える影響は軽微であります。
 
(4) 追加情報
「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月
28日)を第1四半期連結会計期間から適用しております。
 
カシオ???(?)(6952)??29?3?? ?2???????
─ 3 ─
3.四半期連結財務諸表
(1) 四半期連結貸借対照表
 
 
                      (単位:百万円)
                   
前連結会計年度
(平成28年3月31日)
当第2四半期連結会計期間
(平成28年9月30日)
資産の部    
  流動資産    
    現金及び預金 66,648 64,694
    受取手形及び売掛金 47,843 41,402
    有価証券 55,600 60,000
    製品 43,082 38,385
    仕掛品 6,943 4,057
    原材料及び貯蔵品 7,751 7,010
    その他 22,871 19,061
    貸倒引当金 △501 △461
    流動資産合計 250,237 234,148
  固定資産    
    有形固定資産    
      土地 36,091 35,111
      その他(純額) 24,791 23,403
      有形固定資産合計 60,882 58,514
    無形固定資産 6,309 6,554
    投資その他の資産    
      投資有価証券 34,407 33,376
      退職給付に係る資産 9,113 9,521
      その他 7,577 6,502
      貸倒引当金 △71 △65
      投資その他の資産合計 51,026 49,334
    固定資産合計 118,217 114,402
  資産合計 368,454 348,550
 
カシオ???(?)(6952)??29?3?? ?2???????
─ 4 ─
 
 
 
 
 
                      (単位:百万円)
                   
前連結会計年度
(平成28年3月31日)
当第2四半期連結会計期間
(平成28年9月30日)
負債の部    
  流動負債    
    支払手形及び買掛金 34,542 28,219
    短期借入金 260 158
    未払法人税等 4,334 2,155
    製品保証引当金 779 789
    その他 39,653 37,214
    流動負債合計 79,568 68,535
  固定負債    
    新株予約権付社債 10,033 10,028
    長期借入金 67,000 67,000
    退職給付に係る負債 1,338 1,092
    その他 8,404 7,166
    固定負債合計 86,775 85,286
  負債合計 166,343 153,821
純資産の部    
  株主資本    
    資本金 48,592 48,592
    資本剰余金 65,058 65,059
    利益剰余金 100,041 100,661
    自己株式 △20,291 △20,293
    株主資本合計 193,400 194,019
  その他の包括利益累計額    
    その他有価証券評価差額金 7,781 7,056
    為替換算調整勘定 △1,844 △9,010
    退職給付に係る調整累計額 2,774 2,664
    その他の包括利益累計額合計 8,711 710
  純資産合計 202,111 194,729
負債純資産合計 368,454 348,550
 
カシオ???(?)(6952)??29?3?? ?2???????
─ 5 ─
(2) 四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書
四半期連結損益計算書
第2四半期連結累計期間
 
 
                      (単位:百万円)
                    前第2四半期連結累計期間
(自 平成27年4月1日
至 平成27年9月30日)
当第2四半期連結累計期間
(自 平成28年4月1日
至 平成28年9月30日)
売上高 173,994 156,700
売上原価 95,376 92,348
売上総利益 78,618 64,352
販売費及び一般管理費    
  給料手当及び賞与 17,988 16,795
  その他 38,997 34,077
  販売費及び一般管理費合計 56,985 50,872
営業利益 21,633 13,480
営業外収益    
  受取利息 253 207
  受取配当金 296 205
  その他 41 119
  営業外収益合計 590 531
営業外費用    
  為替差損 56 5,453
  その他 424 331
  営業外費用合計 480 5,784
経常利益 21,743 8,227
特別利益    
  固定資産売却益 3 398
  その他 - 73
  特別利益合計 3 471
特別損失    
  固定資産除却損 24 67
  減損損失 262 19
  特別損失合計 286 86
税金等調整前四半期純利益 21,460 8,612
法人税等 6,047 2,225
四半期純利益 15,413 6,387
親会社株主に帰属する四半期純利益 15,413 6,387
 
カシオ???(?)(6952)??29?3?? ?2???????
─ 6 ─
四半期連結包括利益計算書
第2四半期連結累計期間
 
 
                      (単位:百万円)
                    前第2四半期連結累計期間
(自 平成27年4月1日
至 平成27年9月30日)
当第2四半期連結累計期間
(自 平成28年4月1日
至 平成28年9月30日)
四半期純利益 15,413 6,387
その他の包括利益    
  その他有価証券評価差額金 △3,182 △725
  為替換算調整勘定 △814 △7,166
  退職給付に係る調整額 △207 △110
  持分法適用会社に対する持分相当額 △0 △0
  その他の包括利益合計 △4,203 △8,001
四半期包括利益 11,210 △1,614
(内訳)    
  親会社株主に係る四半期包括利益 11,210 △1,614
  非支配株主に係る四半期包括利益 - -
 
カシオ???(?)(6952)??29?3?? ?2???????
─ 7 ─
(3) 四半期連結キャッシュ・フロー計算書
 
 
                      (単位:百万円)
                    前第2四半期連結累計期間
(自 平成27年4月1日
至 平成27年9月30日)
当第2四半期連結累計期間
(自 平成28年4月1日
至 平成28年9月30日)
営業活動によるキャッシュ・フロー    
  税金等調整前四半期純利益 21,460 8,612
  減価償却費 4,314 4,518
  減損損失 262 19
  固定資産除売却損益(△は益) 21 △331
  退職給付に係る負債の増減額(△は減少) △78 △133
  退職給付に係る資産の増減額(△は増加) △488 △408
  受取利息及び受取配当金 △549 △412
  支払利息 215 170
  為替差損益(△は益) △348 1,869
  売上債権の増減額(△は増加) 501 3,958
  たな卸資産の増減額(△は増加) △2,149 4,964
  仕入債務の増減額(△は減少) △4,714 △4,797
  その他 △800 △1,548
  小計 17,647 16,481
  利息及び配当金の受取額 596 472
  利息の支払額 △212 △173
  法人税等の支払額 △3,077 △4,126
  営業活動によるキャッシュ・フロー 14,954 12,654
投資活動によるキャッシュ・フロー    
  定期預金の預入による支出 △217 △563
  定期預金の払戻による収入 896 561
  有形固定資産の取得による支出 △3,145 △2,301
  有形固定資産の売却による収入 38 1,335
  無形固定資産の取得による支出 △1,726 △1,837
  投資有価証券の取得による支出 △44 △19
  投資有価証券の売却及び償還による収入 8,025 463
  その他 △60 △39
  投資活動によるキャッシュ・フロー 3,767 △2,400
財務活動によるキャッシュ・フロー    
  短期借入金の純増減額(△は減少) △13 △102
  自己株式の取得による支出 △9 △2
  ファイナンス・リース債務の返済による支出 △470 △462
  配当金の支払額 △5,880 △5,767
  その他 0 0
  財務活動によるキャッシュ・フロー △6,372 △6,333
現金及び現金同等物に係る換算差額 236 △7,614
現金及び現金同等物の増減額(△は減少) 12,585 △3,693
現金及び現金同等物の期首残高 110,737 128,057
現金及び現金同等物の四半期末残高 123,322 124,364
 
カシオ???(?)(6952)??29?3?? ?2???????
─ 8 ─
(4) 四半期連結財務諸表に関する注記事項
(継続企業の前提に関する注記)
該当事項はありません。
 
(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記)
該当事項はありません。
 
(セグメント情報)
Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(注)1 セグメント利益又は損失(△)の調整額△2,155百万円には、各報告セグメントに配分していない全社費
用△2,155百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない親会社本社管理部
門に係る費用並びに基礎研究に係る費用であります。
2 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
 
Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)
報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(注)1 セグメント利益又は損失(△)の調整額△2,359百万円には、各報告セグメントに配分していない全社費
用△2,359百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない親会社本社管理部
門に係る費用並びに基礎研究に係る費用であります。
2 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
 
 
 
  (単位:百万円)
 
  報告セグメント
調整額
(注)1
四半期連結
損益計算書
計上額
(注)2   コンシューマ システム その他 合計
売上高            
(1) 外部顧客への売上高 148,866 20,981 4,147 173,994 ― 173,994
(2) セグメント間の内部
売上高 1 15 5,241 5,257 △5,257 ―
計 148,867 20,996 9,388 179,251 △5,257 173,994
セグメント利益
又は損失(△) 24,924 △932 △204 23,788 △2,155 21,633
 
  (単位:百万円)
 
  報告セグメント
調整額
(注)1
四半期連結
損益計算書
計上額
(注)2   コンシューマ システム その他 合計
売上高            
(1) 外部顧客への売上高 133,080 19,194 4,426 156,700 ─ 156,700
(2) セグメント間の内部
売上高 1 15 3,446 3,462 △3,462 ─
計 133,081 19,209 7,872 160,162 △3,462 156,700
セグメント利益
又は損失(△) 17,089 △1,414 164 15,839 △2,359 13,480
 
カシオ???(?)(6952)??29?3?? ?2???????
─ 9 ─

Ads

関連記事

【4680】ラウンドワン2015年3月期 第3四半期決算 現況と今後の展望(決算説明会資料)のIR速報

20150210 17:00、ラウンドワン(4680)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら

記事を読む

【9414】BS11新役員体制に関するお知らせのIR速報

20151125 15:00、BS11(9414)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下

記事を読む

【1672】E-ETFS上場ETF(管理会社:ETFセキュリティーズ、外国投資法人:CSL)に関する日々の開示事項のIR速報

20151229 10:00、E-ETFS(1672)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら

記事を読む

【6678】テクノメディカ東京証券取引所への「改善報告書」の提出に関するお知らせのIR速報

20160926 17:20、テクノメディカ(6678)の新着情報を配信します。PDFファイルはこち

記事を読む

【3309】R-積水ハウスリート資産運用会社における取締役の選任予定に関するお知らせのIR速報

20170403 15:00、R-積水ハウスリート(3309)の新着情報を配信します。PDFファイル

記事を読む

【8750】第一生命お客さま情報の紛失についてのIR速報

20150324 16:00、第一生命(8750)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下

記事を読む

【3132】マクニカ富士エレHD平成29年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)のIR速報

20170130 14:00、マクニカ富士エレHD(3132)の新着情報を配信します。PDFファイル

記事を読む

【2593】伊藤園代表取締役の異動(追加)に関するお知らせのIR速報

20140724 16:00、伊藤園(2593)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下、

記事を読む

【9501】東電力HD原子力損害賠償・廃炉等支援機構からの資金の交付についてのIR速報

20161124 11:00、東電力HD(9501)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以

記事を読む

【9282】I-いちごグリーン太陽光発電所月次発電実績(2017年5月)のお知らせのIR速報

20170605 15:00、I-いちごグリーン(9282)の新着情報を配信します。PDFファイルは

記事を読む

Ads

Ads