【6721】ウインテスト平成28年7月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)のIR速報

20160608 16:00、ウインテスト(6721)の新着情報を配信します。

PDFファイルはこちら

以下、PDFファイルのテキスト抽出結果となりますが、PDFファイルの仕様により、文字化けが発生する場合がございます。
その際は、お手数ですが上記、PDFファイルをご参照頂けますよう、お願い申し上げます。

○添付資料の目次
 
1.当四半期決算に関する定性的情報 …………………………………………………………………………………… 2
(1)経営成績に関する説明 …………………………………………………………………………………………… 2
(2)財政状態に関する説明 …………………………………………………………………………………………… 2
(3)業績予想などの将来予測情報に関する説明 …………………………………………………………………… 2
2.サマリー情報(注記事項)に関する事項 …………………………………………………………………………… 2
(1)四半期財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 ……………………………………………………………… 2
(2)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示 ……………………………………………………… 2
3.継続企業の前提に関する重要事象等 ………………………………………………………………………………… 3
4.四半期財務諸表 ………………………………………………………………………………………………………… 4
(1)四半期貸借対照表 ………………………………………………………………………………………………… 4
(2)四半期損益計算書 ………………………………………………………………………………………………… 6
第3四半期累計期間 ……………………………………………………………………………………………… 6
(3)四半期財務諸表に関する注記事項 ……………………………………………………………………………… 7
(継続企業の前提に関する注記) ………………………………………………………………………………… 7
(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記) ………………………………………………………… 7
(セグメント情報等) ……………………………………………………………………………………………… 7
(重要な後発事象) ………………………………………………………………………………………………… 7
 
- 1 -
ウインテスト????(6721)??27?7???3???????(???)
1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)経営成績に関する説明
当第3四半期累計期間における世界の経済情勢は、北米の株高や個人消費は回復が継続したものの、欧州の景気
低迷により新興国の輸出が伸び悩むとともに、中国の経済成長減速が引き続き、これらに起因する景気下ぶれ懸念
などから、全体として停滞しました。
わが国の経済は、政府と日銀による経済政策により市場が円安・株高基調が継続し、雇用情勢や個人消費や輸出
が持ち直すなど、回復傾向が継続したものの、円安による物価の上昇や、消費税増税後の個人消費が弱含みに推移
し、実態経済の先行きは依然として不透明感な状況が続きました。
当社が属する半導体並びにフラットパネルディスプレイ業界におきましては、スマートフォンやタブレット端末
関連デバイスや、車載関連デバイスの需要は堅調に推移しましたが、デジタルカメラやデジタル家電関連デバイス
の需要は伸び悩み、全般的に設備投資が緩やかに持ち直しつつあるものの、やや厳しい事業環境が継続しました。
このような環境のなか、当社は顧客のニーズに対応した装置と機能拡張オプションの開発、改善に努め、製品ラ
インアップの拡充を図りました。また、営業担当とエンジニアが一体化した営業推進体制により、主に海外市場に
おいて新規顧客の獲得に向けた積極的な営業活動を展開すると共に、国内ではデバイス開発関連分野に特化いたし
ました。
また、損益面につきましては、原価低減と共に経費の節減による固定費の削減に努め、営業損益の改善に努めて
まいりました。
この結果、当第3四半期累計期間の売上高は193,081千円(前年同期比33.4%減少)、営業損失151,279千円(前
年同期は営業損失142,666千円)、経常損失157,695千円(前年同期は経常損失133,663千円)、四半期純損失
158,331千円(前年同期は四半期純損失134,256千円)を計上することになりました。
 
(2)財政状態に関する説明
(資産)
当第3四半期会計期間末における流動資産は、前事業年度末に比べ152,870千円減少し、709,122千円(前事業年
度末比17.7%減)となりました。この主な要因は、現金及び預金が102,278千円減少したことと、商品及び製品が
48,900千円減少したことによるものです。固定資産は前事業年度に比べ128千円増加し、47,502千円(前事業年度
末比0.3%増)となりました。この主な要因は、長期前払費用が6,916千円増加したことと、工具、器具及び備品が
5,477千円減少したことによるものです。
(負債)
流動負債は前事業年度末に比べ18,835千円増加し、127,329千円(前事業年度末比17.4%増)となりました。こ
の主な要因は、その他の流動負債が14,144千円増加したことによるものです。固定負債は前事業年度に比べ13,905
千円減少し、42,580千円(前事業年度末比24.6%減)となりました。この主な要因は、長期借入金が13,851千円減
少したことによるものです。
(純資産)
純資産は前事業年度末に比べ157,671千円減少し、586,713千円(前事業年度末比21.2%減)となりました。この
主な要因は、利益剰余金が158,331千円減少したことによるものです。
 
(3)業績予想などの将来予測情報に関する説明
当第3四半期累計期間の業績の状況を踏まえ業績予想の見直しを行った結果、平成28年3月14日公表の「業績予
想の修正に関するお知らせ」で、未定としておりました平成28年7月期の業績予想を修正の上、本日公表いたしま
した。
詳細につきましては、本日公表いたしました「業績予想の修正に関するお知らせ」をご参照ください。
今後、業績に重要な変動が見込まれる場合には、別途公表いたします。
 
2.サマリー情報(注記事項)に関する事項
(1)四半期財務諸表の作成に特有の会計処理の適用
該当事項はありません。
 
(2)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
該当事項はありません。
 
- 2 -
ウインテスト????(6721)??27?7???3???????(???)
3.継続企業の前提に関する重要事象等
当社は、前事業年度において営業損失212,003千円、当期純損失201,407千円を計上しております。また、当第3
四半期累計期間において、海外顧客向けにずれ込んでいた装置売上は一部計上できましたが、追加受注獲得に時間
を要しているため、売上高は前年同四半期比33.4%減の193,081千円にとどまり、営業損失151,279千円、四半期純
損失158,331千円を計上し、営業損失及び四半期純損失が継続しております。
当該状況により、当社には継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しております。
当社はこうした状況を解消するため、以下の取組みを継続して実施しております。
まず、既存事業におきましては、顧客ニーズにより細やかに対応した機能拡張オプションの開発、改善を継続す
ることにより、差別化した製品ラインアップを提供し、国内外で売上拡大及び新規顧客の開拓に向けた営業展開を
推進してまいります。特に半導体の製造コストが低く、撮像素子及びLCDドライバーIC等の検査装置の需要が増大し
ているアジア圏での営業活動を積極的に展開しており、その結果、当該エリアでまとまった受注を獲得し、時間は
かかっていますが順次納品してまいりました。同エリアでは検査コスト低減に向けた顧客要求が強いので、検査効
率を向上させるため、さらなる検査の高速化及び機能性を向上させ、より安価な新製品開発に注力するとともに、
顧客サポートの充実を強力に推進し、追加受注の獲得に取り組んでまいります。
次に、新たな収益の柱を構築するための成長戦略として、当社の持つ検査技術や画像処理技術を活用し市場拡大
が見込める医療関連及びエコロジー関連分野での事業の多角化展開に向けて、現在推進中である有力大学研究室と
の共同開発を含めて、経験のある技術パートナーとの協働、業務提携を積極的に進めてまいります。
さらに、経費水準もこれまでの経費見直しや人員減をはじめとする固定費圧縮策の効果で、過去最低レベルとな
っておりますが、引き続き経費の削減と部品調達の効率化及び開発工程の見直しによる原価低減を推し進め、営業
損益の改善に努めております。
また、財務基盤の安定化のために、平成25年12月6日開催の当社取締役会において決議した第三者割当による転
換社債型新株予約権付社債100,000千円の発行及び第5回新株予約権の全ての行使により当第3四半期末までに合計
500,620千円の資金調達を実施しました。併せまして平成25年11月と平成26年5月には合計70,000千円の長期借入を
行い、今後の運転資金及び研究開発のための必要資金の確保に努めております。
これらにより財務面におきまして、必要十分な現金預金を確保していることに鑑み、継続企業の前提に関する重
要な不確実性は認められないものと判断しております。
 
- 3 -
ウインテスト????(6721)??27?7???3???????(???)
4.四半期財務諸表
(1)四半期貸借対照表
    (単位:千円)
  前事業年度 (平成27年7月31日)
当第3四半期会計期間
(平成28年4月30日)
資産の部    
流動資産    
現金及び預金 573,958 471,679
受取手形及び売掛金 26,106 45,156
商品及び製品 48,900 -
仕掛品 177,184 149,743
原材料及び貯蔵品 1,980 2,164
前渡金 11,594 27,116
その他 22,267 13,261
流動資産合計 861,992 709,122
固定資産    
有形固定資産    
建物 11,231 11,231
減価償却累計額 △6,837 △7,387
建物(純額) 4,393 3,843
車両運搬具 12,151 12,151
減価償却累計額 △9,249 △10,018
車両運搬具(純額) 2,901 2,132
工具、器具及び備品 182,326 182,326
減価償却累計額 △168,350 △173,828
工具、器具及び備品(純額) 13,975 8,497
有形固定資産合計 21,270 14,473
無形固定資産    
電話加入権 358 358
ソフトウエア 202 160
無形固定資産合計 560 519
投資その他の資産    
敷金 14,045 14,045
長期前払費用 11,435 18,352
その他 60 111
投資その他の資産合計 25,542 32,509
固定資産合計 47,373 47,502
資産合計 909,366 756,624
 
- 4 -
ウインテスト????(6721)??27?7???3???????(???)
 
    (単位:千円)
  前事業年度 (平成27年7月31日)
当第3四半期会計期間
(平成28年4月30日)
負債の部    
流動負債    
買掛金 177 1,176
1年内返済予定の長期借入金 88,468 88,468
未払法人税等 4,078 3,475
賞与引当金 1,622 5,783
製品保証引当金 14 148
その他 14,135 28,279
流動負債合計 108,494 127,329
固定負債    
長期借入金 50,075 36,224
資産除去債務 5,756 5,820
その他 654 536
固定負債合計 56,486 42,580
負債合計 164,980 169,910
純資産の部    
株主資本    
資本金 1,248,768 1,249,101
資本剰余金 1,356,016 1,356,349
利益剰余金 △1,863,653 △2,021,985
株主資本合計 741,131 583,465
新株予約権 3,253 3,247
純資産合計 744,385 586,713
負債純資産合計 909,366 756,624
 
- 5 -
ウインテスト????(6721)??27?7???3???????(???)
(2)四半期損益計算書
(第3四半期累計期間)
    (単位:千円)
 
前第3四半期累計期間
(自 平成26年8月1日
至 平成27年4月30日)
当第3四半期累計期間
(自 平成27年8月1日
至 平成28年4月30日)
売上高 289,941 193,081
売上原価 182,180 120,968
売上総利益 107,761 72,113
販売費及び一般管理費 250,427 223,392
営業損失(△) △142,666 △151,279
営業外収益    
受取利息 71 99
為替差益 1,614 -
還付加算金 26 -
補助金収入 10,000 500
保険解約返戻金 - 18
その他 255 286
営業外収益合計 11,968 903
営業外費用    
支払利息 1,768 1,374
為替差損 - 5,462
支払手数料 1,161 482
その他 36 -
営業外費用合計 2,966 7,319
経常損失(△) △133,663 △157,695
税引前四半期純損失(△) △133,663 △157,695
法人税、住民税及び事業税 750 754
法人税等調整額 △157 △118
法人税等合計 593 636
四半期純損失(△) △134,256 △158,331
 
- 6 -
ウインテスト????(6721)??27?7???3???????(???)
(3)四半期財務諸表に関する注記事項
(継続企業の前提に関する注記)
該当事項はありません。
 
(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記)
該当事項はありません。
 
(セグメント情報等)
当社は、半導体検査装置の貸与、設計、販売並びに技術サポートを事業内容とする単一セグメントであるため、
記載を省略しております。
 
(重要な後発事象)
該当事項はありません。
- 7 -
ウインテスト????(6721)??27?7???3???????(???)

Ads

関連記事

【5423】東製鉄通期業績予想の修正に関するお知らせのIR速報

20160108 15:00、東製鉄(5423)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下、

記事を読む

【1581】E-iシェアーズ米国上場ETF(管理会社:ブラックロック・ファンド・アドバイザーズ)に関する日々の開示事項のIR速報

20161028 14:00、E-iシェアーズ米国(1581)の新着情報を配信します。PDFファイル

記事を読む

【1361】E-iシェアーズIEiシェアーズ 新興国債券ETF(バークレイズLocal EM国債コア)(銘柄コード1362)に関する日々の開示事項のIR速報

20151111 13:50、E-iシェアーズIE(1361)の新着情報を配信します。PDFファイル

記事を読む

【7609】ダイトエレク通期連結業績予想と実績の差異に関するお知らせのIR速報

20150205 15:30、ダイトエレク(7609)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら

記事を読む

【3405】クラレ当社株式の大量買付行為に関する対応策(買収防衛策)の非継続(廃止)についてのIR速報

20180221 16:30、クラレ(3405)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下、

記事を読む

【3140】J-イデアインター平成29年6月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)のIR速報

20170515 16:50、J-イデアインター(3140)の新着情報を配信します。PDFファイルは

記事を読む

【4722】フューチャー平成29年12月期第3四半期連結業績のお知らせのIR速報

20171027 16:30、フューチャー(4722)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら

記事を読む

【5938】LIXIL Gストックオプション(新株予約権)の発行内容の確定に関するお知らせのIR速報

20161007 17:30、LIXIL G(5938)の新着情報を配信します。PDFファイルはこち

記事を読む

【2551】マルサンアイ第2四半期連結業績予想数値の修正及び第2四半期個別業績予想数値と前年第2四半期個別実績との差異並びに営業外費用発生に関するお知らせのIR速報

20160425 15:40、マルサンアイ(2551)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら

記事を読む

【1581】E-iシェアーズ米国上場ETF(管理会社:ブラックロック・ファンド・アドバイザーズ)に関する日々の開示事項のIR速報

20160815 13:55、E-iシェアーズ米国(1581)の新着情報を配信します。PDFファイル

記事を読む

Ads

Ads