【3645】M-JMNC平成28年5月期第2四半期決算短信[日本基準](連結)のIR速報

20160108 15:30、M-JMNC(3645)の新着情報を配信します。

PDFファイルはこちら

以下、PDFファイルのテキスト抽出結果となりますが、PDFファイルの仕様により、文字化けが発生する場合がございます。
その際は、お手数ですが上記、PDFファイルをご参照頂けますよう、お願い申し上げます。

平成28年5月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
平成28年1月8日
上 場 会 社 名 日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社 上場取引所 東
コ ー ド 番 号 3645 URL http://www.japan-medic.com
代 表 者 (役職名) 代表取締役社長 (氏名) 平川 大
問合せ先責任者 (役職名) 管理部ゼネラルマネージャー (氏名) 三宅 大祐 (TEL)03(5790)5261
四半期報告書提出予定日 平成28年1月14日 配当支払開始予定日 ―
四半期決算補足説明資料作成の有無 : 有
四半期決算説明会開催の有無 : 有(機関投資家・アナリスト向け)
 
(百万円未満切捨て)
1.平成28年5月期第2四半期の連結業績(平成27年6月1日~平成27年11月30日)
(1)連結経営成績(累計) (%表示は、対前年同四半期増減率)
売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する四半期純利益
百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %
28年5月期第2四半期 707 22.2 75 57.9 75 58.3 41 85.1
27年5月期第2四半期 579 △6.7 47 △33.3 47 △33.7 22 △38.9
(注) 包括利益 28年5月期第2四半期 41 百万円 ( 100.7%) 27年5月期第2四半期 20 百万円 (43.8%)
 
1株当たり
四半期純利益
潜在株式調整後
1株当たり
四半期純利益
円 銭 円 銭
28年5月期第2四半期 7.61 7.61
27年5月期第2四半期 4.11 4.11
 
(2)連結財政状態
総資産 純資産 自己資本比率
百万円 百万円 %
28年5月期第2四半期 1,830 1,287 69.4
27年5月期 1,753 1,251 70.4
(参考) 自己資本 28年5月期第2四半期 1,269 百万円 27年5月期 1,233 百万円
 
2.配当の状況
年間配当金
第1四半期末 第2四半期末 第3四半期末 期末 合計
円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭
27年5月期 ― 0.00 ― 1.00 1.00
28年5月期 ― 0.00
28年5月期(予想) ― 1.00 1.00
(注) 直近に公表されている配当予想からの修正の有無 : 無
 
3.平成28年5月期の連結業績予想(平成27年6月1日~平成28年5月31日)
(%表示は、対前期増減率)
売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益
1株当たり
当期純利益
百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円 銭
通期 1,310 4.1 50 △50.4 49 △51.2 13 △70.3 2.55
(注) 直近に公表されている業績予想からの修正の有無 : 無
 
決算短信 (宝印刷) 2016年01月07日 11時55分 1ページ (Tess 1.40(64) 20150116_01)
※ 注記事項
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 : 無
  (連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動)
  新規 ― 社 、除外 ― 社
(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 無
(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
① 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 : 有
② ①以外の会計方針の変更 : 無
③ 会計上の見積りの変更 : 無
④ 修正再表示 : 無
(4)発行済株式数(普通株式)
① 期末発行済株式数(自己株式を含む) 28年5月期2Q 5,386,500株 27年5月期 5,386,500株
② 期末自己株式数 28年5月期2Q 34株 27年5月期 34株
③ 期中平均株式数(四半期累計) 28年5月期2Q 5,386,466株 27年5月期2Q 5,386,466株
 
※ 四半期レビュー手続の実施状況に関する表示
 この四半期決算短信は、金融商品取引法に基づく四半期レビュー手続の対象外であり、この四半期決算短信の開示時
点において、四半期連結財務諸表に対する四半期レビュー手続は終了していません。
※ 業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
 1.本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると
判断する一定の前提に基づいており、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。業績予想に関
する事項については、添付資料5ページ「1.当四半期決算に関する定性的情報 (3)連結業績予想などの将来予測情
報に関する説明」をご覧ください。
 2.当社は、平成28年1月25日に機関投資家及びアナリスト向けの第2四半期決算説明会を開催する予定です。当日
使用する第2四半期決算説明資料は、開催後速やかに当社ホームページに掲載する予定です。
 
決算短信 (宝印刷) 2016年01月07日 11時55分 2ページ (Tess 1.40(64) 20150116_01)
日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社(3645) 平成28年5月期 第2四半期決算短信
― 1 ―
○添付資料の目次
1.当四半期決算に関する定性的情報 ……………………………………………………………………2
(1)経営成績に関する説明 ………………………………………………………………………………2
(2)財政状態に関する説明 ………………………………………………………………………………4
(3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明 …………………………………………………5
2.サマリー情報(注記事項)に関する事項 ………………………………………………………………6
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ……………………………………………6
(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 ……………………………………………6
(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示 …………………………………………6
3.四半期連結財務諸表 ……………………………………………………………………………………7
(1)四半期連結貸借対照表 ………………………………………………………………………………7
(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書 …………………………………………8
(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書 ……………………………………………………………10
(4)四半期連結財務諸表に関する注記事項 ……………………………………………………………11
(継続企業の前提に関する注記) ……………………………………………………………………11
(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記) ……………………………………………11
(セグメント情報等) …………………………………………………………………………………12
決算短信 (宝印刷) 2016年01月07日 11時55分 3ページ (Tess 1.40(64) 20150116_01)
日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社(3645) 平成28年5月期 第2四半期決算短信
― 2 ―
1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)経営成績に関する説明
当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、政府の経済政策や日銀による積極的な金融緩和策の推進によ
り、景気は緩やかな回復基調にありました。しかし一方では、円安の傾向が続いたことによる輸入原材料の価格上
昇や消費税率引上げによる個人消費の冷え込みに加え、新興国経済の成長鈍化など、消極的な消費マインドと海外
景気の影響が国内景気を下押しするリスクとなっております。
広告業界におきましては、平成26年の広告市場の総広告費及び当社グループが関連するインターネット広告市場
における広告費は、共に増加傾向にありました。広告市場の総広告費は、6兆1,522億円(前年比2.9%増)、インタ
ーネット広告市場における広告費は、1兆519億円(前年比12.1%増)となりました(株式会社電通「2014年日本の
広告費」)。
また、スマートフォンやタブレット端末の普及は、引き続き拡大傾向にあり、平成26年末のインターネット利用
者数は、1億18万人(前年比0.3%減)、人口普及率は、前年と同じ82.8%であり前年に引き続き利用者数が1億人
を超えております。人口普及率に占めるスマートフォン及びタブレット端末の割合は、61.9%(前年比7.1ポイント
増)となっております(総務省「平成26年通信利用動向調査」)。
一方、当社グループの事業領域である歯科市場においては、歯科診療医療費が2兆7,951億円(前年比2.9%増 厚
生労働省「平成26年度 医療費の動向」)、歯科診療所は68,756施設(厚生労働省「医療施設動態調査(平成27年10月
末概数)」)となり、インプラントやホワイトニング等の自費診療の普及や口腔衛生意識の高まりもあったものの、
歯科診療医療費の伸び悩みや歯科医院の過当競争の進展により厳しい状況が続いております。
このような経済情勢のもと、当社グループは、基幹事業であるポータルサイト運営事業の効率化を推し進めると
共に顧客満足度の向上を図るためスマートフォン広告の拡充、新たなサービス構築に取り組みました。
以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は707,972千円(前年同四半期比22.2%増)、営業利益は75,066
千円(前年同四半期比57.9%増)、経常利益は75,511千円(前年同四半期比58.3%増)、親会社株主に帰属する四半
期純利益は41,002千円(前年同四半期比85.1%増)となりました。
セグメントの業績は以下のとおりであります。
なお、第1四半期連結会計期間より、報告セグメントとして記載する事業セグメントを変更しており、当第2四
半期連結累計期間の比較・分析は、変更後の区分に基づいております。
① ポータルサイト運営事業
当社グループの基幹事業であるポータルサイト運営事業においては、インターネット広告市場における広告費
は1兆519億円(前年比12.1%増)と拡大基調にあるものの(株式会社電通「2014年日本の広告費」)、歯科分野で
は、歯科診療医療費の伸び悩みや歯科医院の過当競争の進展により厳しい状況が続きました。
また、美容・エステ分野では、参入企業の多くは既存店舗のリニューアル、スクラップアンドビルドによる売
上改善、差別化のための付加価値サービスの提供等、企業努力を講じてはいるものの、消費税増税の影響を受け
たことにより平成26年のエステティックサロン総市場規模は3,611億円(前年比1.6%増)と微増推移となりまし
た(株式会社矢野経済研究所「エステティックサロンマーケティング総鑑 2015年版」)。
こうしたなか、当第2四半期連結累計期間においては、前連結会計年度にリリースいたしました女性たちの
「キレイになりたい!」をサポートする美容サイト「美LAB.」や日常生活に役立つヘルスケア情報サイト「4
health care」等の新たなポータルサイトの収益化を目指しました。また、当社グループが運営する各ポータルサ
イトの認知度の向上を図ると共に引き続きスマートフォン広告の拡充を進め、新たなサービスの提供を実現する
ための体制を整備してまいりました。その結果、主力サイトの「矯正歯科ネット」や「審美歯科ネット」の売上
高は前年同四半期比で増加いたしましたが、その他のポータルサイトへの広告出稿につきましては厳しい状況が
続いております。
この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は321,224千円(前年同四半期比4.0%増)、セグメント利益は
207,354千円(前年同四半期比12.0%増)となりました。
決算短信 (宝印刷) 2016年01月07日 11時55分 4ページ (Tess 1.40(64) 20150116_01)
日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社(3645) 平成28年5月期 第2四半期決算短信
― 3 ―
② SEM事業
SEM事業においては、運用型広告市場規模は、運用型広告費に含まれる検索連動広告費がスマートフォンやタブ
レットなどの普及拡大の恩恵を大きく受けたことにより、5,106億円(前年比23.9%増)となりました(株式会社
電通「2014年日本の広告費」)。
こうしたなか、弊社におきましてはスマートフォンやタブレットなどの普及拡大の影響を受け、リスティング
広告運用代行サービスにおいては、クライアント数の増加により売上高は前年同四半期比で増加いたしました。
また、SEOサービスにおいても、新サービスの販売が好調に推移したことにより、前年同四半期比で売上が増加い
たしました。
この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は177,349千円(前年同四半期比53.6%増)、セグメント利益は
17,932千円(前年同四半期は、セグメント損失2,804千円)となりました。
③ 保証事業
保証事業においては、連結子会社の株式会社ガイドデントにおいて、歯科自由診療を行う歯科医院のうち、当
社グループが定める基準を満たした歯科医院(認定会員)に対して、治療前に登録した治療に関して治療後に再
治療が発生した際の費用を保証するサービスを提供しております。当第2四半期連結累計期間においては、積極
的に保証サービスの周知活動を行ってまいりました。
また、保証内容の多様化によって認定会員の選択肢を増やしたことにより認定会員が増加し、それに伴い保証
件数についても前連結会計年度に引続き、着実に増加しております。
この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は32,573千円(前年同四半期比21.5%増)、セグメント損失は
24,378千円(前年同四半期は、セグメント損失17,998千円)となりました。
 
④ 医療BtoB事業
医療BtoB事業においては、連結子会社のブランネットワークス株式会社において、歯科医療従事者と歯科関連
企業等をつなぐポータルサイト運営及びその会員を基盤としたリサーチ、コンベンション運営受託、広告ソリュ
ーションの提供及びMR(製薬会社の医薬情報担当者)向けの高級弁当販売のプラットフォームを弁当製造販売業
者へ提供するなど様々なサービスを提供しております。
当第2四半期連結累計期間においては、前連結会計年度に引き続き組織体制の強化や歯科関連企業への積極的
なプロモーション活動に努めてまいりました。
この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は60,922千円(前年同四半期比37.1%増)、セグメント損失は
1,628千円(前年同四半期は、セグメント損失6,698千円)となりました。
 
⑤ メディアプラットフォーム事業
メディアプラットフォーム事業においては、平成27年1月15日にリリースした“妊娠時~6歳児までのお子さ
んをお持ちのママ”をターゲットとしたママ向け子育て情報サイト「まんまみーあ」を運営しております。「まん
まみーあ」は平成27年11月30日現在、訪問者数は775万1千人と、ターゲット層の獲得媒体として成長しておりま
す。
しかしながら、当ターゲット層に対するアプリ等のサービス開発に伴う投資等が先行しており、新サービスの
投入による本格的な収益化は来期以降の予定であります。
この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は1,808千円(前年同四半期はありません)、セグメント損失は
21,123千円(前年同四半期はセグメント損失6,053千円)となりました。
決算短信 (宝印刷) 2016年01月07日 11時55分 5ページ (Tess 1.40(64) 20150116_01)
日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社(3645) 平成28年5月期 第2四半期決算短信
― 4 ―
⑥ 販売代理事業
販売代理事業においては、当社独自のサービスと関連性のある他社Web商材・リアル商材の営業活動を積極的に
行ったことにより販売が好調に推移し、売上高は前年同四半期比で増加いたしました。
この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は75,546千円(前年同四半期比93.9%増)、セグメント利益は
369千円(前年同四半期比47.0%減)となりました。
⑦ その他
その他の事業においては、事業者向けホームページ制作・メンテナンスを展開しております。当第2四半期連
結累計期間においては、ワンストップソリューションサービスの一環である事業者向けホームページ制作・メン
テナンス事業の販売が厳しい状況が続いており、売上高は前年同四半期比で減少いたしました。
この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は39,931千円(前年同四半期比15.9%減)、セグメント損失は
4,908千円(前年同四半期は、セグメント利益8千円)となりました。
(2)財政状態に関する説明
① 資産、負債及び純資産の状況
当第2四半期連結会計期間末における総資産は、1,830,404千円となり、前連結会計年度末に比べ77,275千円
(前連結会計年度末比4.4%増)の増加となりました。主な増減要因は以下のとおりであります。
イ 資産の部
(流動資産)
流動資産は、売掛債権が減少し、現金及び預金が増加したことにより1,626,876千円となり、前連結会計年度
末に比べ74,797千円(前連結会計年度末比4.8%増)の増加となりました。
(固定資産)
固定資産は、ソフトウエアの減価償却及びのれんの償却により無形固定資産が減少しましたが、主に投資有
価証券の購入により投資その他の資産が増加したため203,527千円となり、前連結会計年度末に比べ2,478千円
(前連結会計年度末比1.2%増)の増加となりました。
ロ 負債の部
(流動負債)
流動負債は、主に前受金の増加等により537,761千円となり、前連結会計年度末に比べ42,426千円(前連結会
計年度末比8.6%増)の増加となりました。
(固定負債)
固定負債は、保証期間の経過に伴うインプラント保証の支出に備える引当金の減少により5,032千円となり、
前連結会計年度末に比べ805千円(前連結会計年度末比13.8%減)の減少となりました。
ハ 純資産の部
純資産は、親会社株主に帰属する四半期純利益を計上したことにより1,287,611千円となり、前連結会計年度
末に比べ35,655千円(前連結会計年度末比2.8%増)の増加となりました。
決算短信 (宝印刷) 2016年01月07日 11時55分 6ページ (Tess 1.40(64) 20150116_01)
日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社(3645) 平成28年5月期 第2四半期決算短信
― 5 ―
② キャッシュ・フローの状況
当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前連結会計年度末に比
べ102,424千円増加し、1,051,032千円(対前連結会計年度末比10.8%増)となりました。当第2四半期連結累計
期間における各キャッシュ・フローの状況と主な要因は以下のとおりであります。
(営業活動によるキャッシュ・フロー)
営業活動の結果得られた資金は119,081千円(前年同四半期は46,109千円の獲得)となりました。これは法人
税等の支払がありましたが、税金等調整前四半期純利益の計上、売上債権の減少によるものであります。
(投資活動によるキャッシュ・フロー)
投資活動の結果使用した資金は11,165千円(前年同四半期は2,531千円の使用)となりました。これは主に投
資有価証券を取得したことによるものであります。
(財務活動によるキャッシュ・フロー)
財務活動の結果使用した資金は5,492千円(前年同四半期は5,335千円の使用)となりました。これは配当金
の支払によるものであります。
(3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明
平成28年5月期の通期の連結業績予想につきましては、平成27年7月10日公表の連結業績予想から変更はありま
せん。
決算短信 (宝印刷) 2016年01月07日 11時55分 7ページ (Tess 1.40(64) 20150116_01)
日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社(3645) 平成28年5月期 第2四半期決算短信
― 6 ―
2.サマリー情報(注記事項)に関する事項
(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動
該当事項はありません。
(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用
該当事項はありません。
(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
  (会計方針の変更)
「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)、「連結財務諸表に関する会計基準」
(企業会計基準第22号 平成25年9月13日)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年
9月13日)等を、第1四半期連結会計期間から適用し、四半期純利益等の表示の変更及び少数株主持分から非支配
株主持分への表示の変更を行っております。当該表示の変更を反映させるため、前第2四半期連結累計期間及び前
連結会計年度については、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表の組替えを行っております。
決算短信 (宝印刷) 2016年01月07日 11時55分 8ページ (Tess 1.40(64) 20150116_01)
日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社(3645) 平成28年5月期 第2四半期決算短信
― 7 ―
3.四半期連結財務諸表
(1)四半期連結貸借対照表
(単位:千円)
前連結会計年度
(平成27年5月31日)
当第2四半期連結会計期間
(平成27年11月30日)
資産の部
流動資産
現金及び預金 1,048,919 1,151,384
売掛金 275,136 237,672
前払費用 153,228 154,339
その他 87,219 93,970
貸倒引当金 △12,424 △10,489
流動資産合計 1,552,079 1,626,876
固定資産
有形固定資産 15,652 13,693
無形固定資産
のれん 120,585 117,018
その他 16,309 13,488
無形固定資産合計 136,894 130,506
投資その他の資産
その他 66,549 80,809
貸倒引当金 △18,047 △21,481
投資その他の資産合計 48,501 59,327
固定資産合計 201,048 203,527
資産合計 1,753,128 1,830,404
負債の部
流動負債
買掛金 22,579 18,822
未払法人税等 22,965 38,641
前受金 290,525 332,086
その他 159,264 148,211
流動負債合計 495,334 537,761
固定負債
インプラント保証引当金 5,837 5,032
固定負債合計 5,837 5,032
負債合計 501,172 542,793
純資産の部
株主資本
資本金 286,034 286,034
資本剰余金 261,034 261,034
利益剰余金 685,325 720,941
自己株式 △34 △34
株主資本合計 1,232,360 1,267,976
その他の包括利益累計額
その他有価証券評価差額金 1,580 1,637
その他の包括利益累計額合計 1,580 1,637
非支配株主持分 18,015 17,997
純資産合計 1,251,956 1,287,611
負債純資産合計 1,753,128 1,830,404
決算短信 (宝印刷) 2016年01月07日 11時55分 9ページ (Tess 1.40(64) 20150116_01)
日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社(3645) 平成28年5月期 第2四半期決算短信
― 8 ―
(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書
四半期連結損益計算書
第2四半期連結累計期間
(単位:千円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成26年6月1日
 至 平成26年11月30日)
当第2四半期連結累計期間
(自 平成27年6月1日
 至 平成27年11月30日)
売上高 579,154 707,972
売上原価 286,672 391,437
売上総利益 292,481 316,534
販売費及び一般管理費 244,955 241,468
営業利益 47,526 75,066
営業外収益
受取利息 168 179
未払配当金除斥益 – 243
その他 113 22
営業外収益合計 281 445
営業外費用
固定資産除却損 118 -
営業外費用合計 118 -
経常利益 47,689 75,511
税金等調整前四半期純利益 47,689 75,511
法人税、住民税及び事業税 26,727 35,968
法人税等調整額 1,123 △1,440
法人税等合計 27,850 34,527
四半期純利益 19,839 40,984
非支配株主に帰属する四半期純損失(△) △2,312 △18
親会社株主に帰属する四半期純利益 22,152 41,002
決算短信 (宝印刷) 2016年01月07日 11時55分 10ページ (Tess 1.40(64) 20150116_01)
日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社(3645) 平成28年5月期 第2四半期決算短信
― 9 ―
四半期連結包括利益計算書
第2四半期連結累計期間
(単位:千円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成26年6月1日
 至 平成26年11月30日)
当第2四半期連結累計期間
(自 平成27年6月1日
 至 平成27年11月30日)
四半期純利益 19,839 40,984
その他の包括利益
その他有価証券評価差額金 613 57
その他の包括利益合計 613 57
四半期包括利益 20,452 41,041
(内訳)
親会社株主に係る四半期包括利益 22,765 41,059
非支配株主に係る四半期包括利益 △2,312 △18
決算短信 (宝印刷) 2016年01月07日 11時55分 11ページ (Tess 1.40(64) 20150116_01)
日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社(3645) 平成28年5月期 第2四半期決算短信
― 10 ―
(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書
(単位:千円)
前第2四半期連結累計期間
(自 平成26年6月1日
 至 平成26年11月30日)
当第2四半期連結累計期間
(自 平成27年6月1日
 至 平成27年11月30日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
税金等調整前四半期純利益 47,689 75,511
減価償却費 7,324 5,904
のれん償却額 3,567 3,567
貸倒引当金の増減額(△は減少) 2,954 1,497
インプラント保証引当金の増減額(△は減
少) 20 △805
受取利息及び受取配当金 △168 △179
売上債権の増減額(△は増加) 571 34,030
たな卸資産の増減額(△は増加) △126 △211
仕入債務の増減額(△は減少) 4,679 △3,757
その他 20,976 24,781
小計 87,488 140,340
利息及び配当金の受取額 168 179
法人税等の支払額又は還付額(△は支払) △41,547 △21,438
営業活動によるキャッシュ・フロー 46,109 119,081
投資活動によるキャッシュ・フロー
定期預金の預入による支出 △100,423 △100,351
定期預金の払戻による収入 100,231 100,311
有形固定資産の取得による支出 △1,789 △247
無形固定資産の取得による支出 △550 △877
投資有価証券の取得による支出 – △10,000
投資活動によるキャッシュ・フロー △2,531 △11,165
財務活動によるキャッシュ・フロー
配当金の支払額 △5,335 △5,492
財務活動によるキャッシュ・フロー △5,335 △5,492
現金及び現金同等物の増減額(△は減少) 38,243 102,424
現金及び現金同等物の期首残高 894,013 948,608
現金及び現金同等物の四半期末残高 932,256 1,051,032
決算短信 (宝印刷) 2016年01月07日 11時55分 12ページ (Tess 1.40(64) 20150116_01)
日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社(3645) 平成28年5月期 第2四半期決算短信
― 11 ―
(4)四半期連結財務諸表に関する注記事項
(継続企業の前提に関する注記)
 該当事項はありません。
(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記)
 該当事項はありません。
決算短信 (宝印刷) 2016年01月07日 11時55分 13ページ (Tess 1.40(64) 20150116_01)
日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社(3645) 平成28年5月期 第2四半期決算短信
― 12 ―
(セグメント情報等)
【セグメント情報】
Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成26年6月1日 至 平成26年11月30日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント
その他
(注) 合計ポータルサイト
運営事業
SEM事業 保証事業 医療BtoB事業
メディア
プラットフォーム事業
販売代理事業 計
売上高
外部顧客への
売上高 307,808 115,495 26,817 44,384 ― 38,563 533,070 46,084 579,154
セグメント間の
 内部売上高又は
 振替高
1,133 ― ― 59 ― 397 1,590 1,411 3,002
計 308,941 115,495 26,817 44,444 ― 38,961 534,661 47,496 582,157
セグメント利益
又は損失(△) 185,138 △2,804 △17,998 △6,698 △6,053 696 152,279 8 152,287
(注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、事業者向けホームページ制作・メン
テナンス事業を含んでおります。
2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容
(差異調整に関する事項)
(単位:千円)
利益 金額
報告セグメント計 152,279
「その他」の区分の利益又は損失(△) 8
全社費用(注1) △114,983
その他の調整額(注2) 10,221
四半期連結損益計算書の営業利益 47,526
(注)1.全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
2.その他の調整額は、各報告セグメントが負担する営業費用と報告セグメントに帰属しない管理部門の営業外
収益との消去によるものです。
決算短信 (宝印刷) 2016年01月07日 11時55分 14ページ (Tess 1.40(64) 20150116_01)
日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社(3645) 平成28年5月期 第2四半期決算短信
― 13 ―
Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成27年6月1日 至 平成27年11月30日)
1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
(単位:千円)
報告セグメント
その他
(注) 合計ポータルサイト
運営事業
SEM事業 保証事業 医療BtoB事業
メディア
プラットフォーム事業
販売代理事業 計
売上高
外部顧客への
売上高 320,369 177,349 32,573 60,922 1,808 75,360 668,384 39,587 707,972
セグメント間の
 内部売上高又は
 振替高
855 ― ― ― ― 186 1,041 343 1,384
計 321,224 177,349 32,573 60,922 1,808 75,546 669,425 39,931 709,357
セグメント利益
又は損失(△) 207,354 17,932 △24,378 △1,628 △21,123 369 178,524 △4,908 173,616
(注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、事業者向けホームページ制作・メン
テナンス事業を含んでおります。
2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容
(差異調整に関する事項)
(単位:千円)
利益 金額
報告セグメント計 178,524
「その他」の区分の利益又は損失(△) △4,908
全社費用(注1) △115,231
その他の調整額(注2) 16,682
四半期連結損益計算書の営業利益 75,066
(注)1.全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
2.その他の調整額は、各報告セグメントが負担する営業費用と報告セグメントに帰属しない管理部門の営業外
収益との消去によるものです。
3.報告セグメントの変更等に関する事項
第1四半期連結会計期間より、従来「その他」に含まれていた「メディアプラットフォーム事業」及び「販売代
理事業」について量的な重要性が増したため報告セグメントとして記載する方法に変更しております。
なお、前第2四半期連結累計期間のセグメント情報については変更後の区分方法により作成したものを記載して
おります。
決算短信 (宝印刷) 2016年01月07日 11時55分 15ページ (Tess 1.40(64) 20150116_01)

Ads

関連記事

【8706】極東証券平成27年3月期連結業績速報値に関するお知らせのIR速報

20150416 11:30、極東証券(8706)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下

記事を読む

【1344】E-MAXIS上場ETF(管理会社:三菱UFJ投信株式会社)に関する日々の開示事項のIR速報

20150113 11:00、E-MAXIS(1344)の新着情報を配信します。PDFファイルはこち

記事を読む

【8381】山陰合銀子会社の解散に関するお知らせのIR速報

20180223 15:30、山陰合銀(8381)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下

記事を読む

【3306】日製麻平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)のIR速報

20160513 15:00、日製麻(3306)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下、

記事を読む

【2108】甜菜糖役員の異動に関するお知らせのIR速報

20170512 14:00、甜菜糖(2108)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下、

記事を読む

【6798】SMK平成30年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)のIR速報

20180129 13:00、SMK(6798)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下、

記事を読む

【9855】くろがや自己株式取得状況に関するお知らせのIR速報

20150304 16:30、くろがや(9855)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下

記事を読む

【7248】カルソカンセCKホールディングス株式会社による当社株券等に対する公開買付けに関する意見表明のお知らせのIR速報

20170221 15:00、カルソカンセ(7248)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら

記事を読む

【2445】SRGタカミヤ平成29年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)のIR速報

20161108 15:00、SRGタカミヤ(2445)の新着情報を配信します。PDFファイルはこち

記事を読む

【5343】ニッコー組織変更および人事異動に関するお知らせのIR速報

20170801 08:20、ニッコー(5343)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下

記事を読む

Ads

Ads