【1382】J-ホーブ定款一部変更、監査役及び補欠監査役に関するお知らせのIR速報

20150807 15:00、J-ホーブ(1382)の新着情報を配信します。

PDFファイルはこちら

以下、PDFファイルのテキスト抽出結果となりますが、PDFファイルの仕様により、文字化けが発生する場合がございます。
その際は、お手数ですが上記、PDFファイルをご参照頂けますよう、お願い申し上げます。

平成 27年8月7日

各 位

会 社 名 株式会社ホーブ
代表者名 代表取締役社長 政場 秀
(JASDAQ・コード1382)
問合せ先
役職・氏名 常務取締役 髙橋 ゆかり
電話 0166-83-3555

定款一部変更、監査役及び補欠監査役に関するお知らせ

平成 27年8月7日開催の当社取締役会において、「定款一部変更の件」、「監査役1名
選任の件」及び「補欠監査役1名選任の件」を平成 27年9月 29日開催予定の当社第 29回
定時株主総会に付議することを決議いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

1.定款一部変更の件
(1)変更の理由
① 「会社法の一部を改正する法律」(平成 26年法律第 90号)が平成 27年5月1
日に施行され、新たに業務執行取締役等でない取締役及び社外監査役でな
い監査役との間でも責任限定契約を締結することが認められたことに伴い、
それらの取締役及び監査役についても、その期待される役割を十分に発揮
できるよう、現行定款第 29条第2項及び第 39条第2項の一部を変更する
ものです。
なお、現行定款第 29条第2項の変更につきましては、各監査役の同意を得
ております。
② 法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、補欠監査役に関
する規程を新設するものです。

(2)変更の内容
変更の内容は次のとおりであります。(下線部分は変更箇所を示します。)
現 行 定 款 変 更 案
第4章 取締役及び取締役会
(取締役の責任免除)
第 29条 (条文省略)
2.当会社は、会社法第 427条第1項の規定に
より、社外取締役との間に、同法第 423 条第1
項の損害賠償責任を限定する契約を締結する
ことができる。ただし、当該契約に基づく損害
賠償責任の限度額は、法令で規定する額を限度
とする。

第5章 監査役及び監査役会
(選任方法)
第 31条 (条文省略)
2.(条文省略)

(新設)

(新設)

(任期)
第 32条 (条文省略)
2.任期の満了前に退任した監査役の補欠とし
て選任された監査役の任期は、退任した監査役
の任期の満了する時までとする。

第4章 取締役及び取締役会
(取締役の責任免除)
第 29条 (現行どおり)
2.当会社は、会社法第 427条第1項の規定に
より、取締役(業務執行取締役等であるものを
除く。)との間に、同法第 423 条第1項の損害
賠償責任を限定する契約を締結することがで
きる。ただし、当該契約に基づく損害賠償責任
の限度額は、法令で規定する額を限度とする。

第5章 監査役及び監査役会
(選任方法)
第 31条 (現行どおり)
2. (現行どおり)
3.当会社は、会社法第 329条第3項の規定に
基づき、法令に定める監査役の員数を欠くこと
になる場合に備え、株主総会において補欠監査
役を選任することができる。
4.前項の補欠監査役の選任に係る決議が効力
を有する期間は、当該決議後4年以内に終了す
る事業年度のうち最終のものに関する定時株
主総会の開始の時までとする。

(任期)
第 32条 (現行どおり)
2.任期の満了前に退任した監査役の補欠とし
て選任された監査役の任期は、退任した監査役
の任期の満了する時までとする。ただし、前条
3項により選任された補欠監査役が監査役に
就任した場合は、当該補欠監査役としての選任
後4年以内に終了する事業年度のうち最終の
ものに関する定時株主総会の終結の時を超え
ることができないものとする。

(監査役の責任免除)
第 39条(条文省略)
2.当会社は、会社法第 427 条第1項の規定に
より、社外監査役との間に、同法第 423 条第1
項の損害賠償責任を限定する契約を締結する
ことができる。ただし、当該契約に基づく損害
賠償責任の限度額は、法令で規定する額を限度
とする。

(監査役の責任免除)
第 39条(現行どおり)
2.当会社は、会社法第 427 条第1項の規定に
より、監査役との間に、同法第 423 条第1項の
損害賠償責任を限定する契約を締結すること
ができる。ただし、当該契約に基づく損害賠償
責任の限度額は、法令で規定する額を限度とす
る。

(3)日程
定款変更のための株主総会開催日 平成 27年9月 29日(火)
定款変更の効力発生日 平成 27年9月 29日(火)

2. 監査役の選任
平成 27年1月8日付けで、非常勤監査役木内和博氏が、長期療養が必要な健状態
であることから辞任され、監査役に欠員が生じたため、平成 27年1月 23日に旭川
地方裁判所において仮監査役として上田恵一氏が選任され就任いたしております。
つきましては、あらためて同氏を監査役として選任すべく、以下のとおり付議する
ことを決議いたしました。なお、上田恵一氏は木内和博氏の補欠として選任される
こととなりますので、その任期は、当社定款の定めにより、退任された木内和博氏
の任期満了すべきときまでとなります。なお、本議案につきましては監査役会の同
意を得ております。

氏名 新役職 新任・重任
上田 恵一 監査役(社外監査役) 新任
(注)監査役候補者と当社との間に、特別な利害関係はありません。

3. 補欠監査役の選任
法令に定める監査役の員数を欠くことに備え、監査役会の同意を得た上で、社外監
査役の補欠として、補欠監査役1名選任の件を株主総会に付議するものです。

補欠監査役候補者は次のとおりであります。

氏名
(生年月日)

略歴、地位及び重要な兼職の状況
所有す
る当社
株式数

あま


若慶
わかのり

(昭和 33年9月
5日生)
昭和 56年3月 筑波大学第二学群農林学類卒業
昭和 56年4月 名古屋大学大学院農学研究科農学
専攻入学
昭和 60年3月 名古屋大学大学院農学研究科農学
専攻後期課程退学
昭和 60年4月 東京農業大学農学部農学科有給副手採用
平成 23年7月 東京農業大学農学部農学科教授昇格(現任)

-株
(注)1.当社と雨木若慶氏との間に、特別な利害関係はありません。
2.雨木若慶氏は、補欠の社外監査役候補者であります。
3.候補者とした理由
雨木若慶氏は、農学博士として東京農業大学の教授を務められており、農業
及び教育分野での多様な経験と専門的知識を活かし、客観的な立場から、監査
の妥当性確保などの社外監査役としての職務を適切に遂行していただけるも
のと判断しております。

以 上

Ads

関連記事

【6728】アルバック主要株主の異動に関するお知らせのIR速報

20160908 15:00、アルバック(6728)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以

記事を読む

【6289】技研製作所平成28年8月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)のIR速報

20160108 15:00、技研製作所(6289)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以

記事を読む

【3001】片倉さいたま新都心駅前社有地第二期開発の総投資額に関するお知らせのIR速報

20140725 16:00、片倉(3001)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下、P

記事を読む

【3777】J-ジオネクスト第23期定時株主総会議案の一部撤回に関するお知らせのIR速報

20170328 15:00、J-ジオネクスト(3777)の新着情報を配信します。PDFファイルはこ

記事を読む

【3121】マーチャント医療関連事業に対する投資への取組についてのIR速報

20160801 15:30、マーチャント(3121)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら

記事を読む

【2148】M-ITM組織変更および業務執行体制に関するお知らせのIR速報

20160901 15:00、M-ITM(2148)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以

記事を読む

【9878】セキド平成28年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)のIR速報

20150703 17:00、セキド(9878)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下、

記事を読む

【6751】日無線平成29年3月期決算短信〔日本基準〕(連結)のIR速報

20170509 16:00、日無線(6751)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下、

記事を読む

【1305】E-ダイワETF上場ETF(管理会社:大和証券投資信託委託)に関する日々の開示事項1/2のIR速報

20151007 10:30、E-ダイワETF(1305)の新着情報を配信します。PDFファイルはこ

記事を読む

【9031】西鉄平成29年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)のIR速報

20170202 15:30、西鉄(9031)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下、P

記事を読む

Ads

Ads