【7267】ホンダ平成27年3月期 第1四半期決算短信〔米国基準〕(連結)のIR速報

20140729 15:00、ホンダ(7267)の新着情報を配信します。

PDFファイルはこちら

以下、PDFファイルのテキスト抽出結果となりますが、PDFファイルの仕様により、文字化けが発生する場合がございます。
その際は、お手数ですが上記、PDFファイルをご参照頂けますよう、お願い申し上げます。

平成27年3月期 第1四半期決算短信〔米国基準〕(連結)
平成26年7月29日
(百万円未満四捨五入)
上場会社名 本田技研工業株式会社 上場取引所 東
コード番号 7267 URL http://www.honda.co.jp/investors/
代表者 (役職名) 取締役社長 (氏名) 伊東 孝紳
問合せ先責任者 (役職名) 総務部総務課長 (氏名) 安田 史郎 TEL 03-3423-1111
四半期報告書提出予定日 平成26年8月8日 配当支払開始予定日 平成26年8月25日
四半期決算補足説明資料作成の有無 : 有
四半期決算説明会開催の有無 : 有
1. 平成27年3月期第1四半期の連結業績(平成26年4月1日~平成26年6月30日)

(2) 連結財政状態
(注)「株主資本」については、当社株主に帰属する株主資本の金額を記載しています。
(1) 連結経営成績(累計) (%表示は、対前年同四半期増減率)
売上高 営業利益 税引前四半期純利益 当社株主に帰属する四半期純利益
百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %
27年3月期第1四半期 2,988,279 5.4 198,043 7.1 198,813 15.6 146,512 19.6
26年3月期第1四半期 2,834,095 16.3 184,963 5.1 172,035 △11.7 122,499 △7.0
(注)四半期包括利益 27年3月期第1四半期 103,837百万円 (△69.0%) 26年3月期第1四半期 334,475百万円 (318.5%)
基本的1株当たり当社株主に帰属
する四半期純利益
希薄化後1株当たり当社株主に帰
属する四半期純利益
円 銭 円 銭
27年3月期第1四半期 81.29 ―
26年3月期第1四半期 67.97 ―
総資産 資本合計(純資産) 株主資本 株主資本比率
百万円 百万円 百万円 %
27年3月期第1四半期 15,487,821 6,168,169 5,978,012 38.6
26年3月期 15,622,031 6,113,398 5,918,979 37.9
2. 配当の状況
(注)直近に公表されている配当予想からの修正の有無 : 無
年間配当金
第1四半期末 第2四半期末 第3四半期末 期末 合計
円 銭 円 銭 円 銭 円 銭 円 銭
26年3月期 20.00 20.00 20.00 22.00 82.00
27年3月期 22.00
27年3月期(予想) 22.00 22.00 22.00 88.00
3. 平成27年3月期の連結業績予想(平成26年4月1日~平成27年3月31日)
(%表示は、対前期増減率)
(注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無 : 有
売上高 営業利益 税引前当期純利益 当社株主に帰属する当期純利益
基本的1株当た
り当社株主に帰
属する当期純
利益
百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円 銭
通期 12,800,000 8.1 770,000 2.6 755,000 3.6 600,000 4.5 332.91
(1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動) : 無
(2) 簡便な会計処理及び特有の会計処理の適用 : 有
(注)詳細は、【添付資料】6ページ【定性的情報・財務諸表等】 4.サマリー情報(注記事項)に関する事項 を参照ください。
(3) 会計方針の変更
(4) 発行済株式数(普通株式)
※四半期レビュー手続の実施状況に関する表示
この四半期決算短信は、金融商品取引法に基づく四半期レビュー手続の対象外であり、この四半期決算短信の開示時点において、四半期連結財務諸表に
対する四半期レビュー手続が実施中です。
※業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
業績見通しは、現時点で入手可能な情報に基づき当社の経営者が判断した見通しであり、リスクや不確実性を含んでいます。従いまして、これらの業績見通
しのみに全面的に依拠して投資判断を下すことは控えるようお願いいたします。実際の業績は、様々な重要な要素により、これらの業績見通しとは大きく異なる
結果となり得ることを、ご承知おき下さい。実際の業績に影響を与え得る重要な要素には、当社、連結子会社および持分法適用会社の事業領域をとりまく経済
情勢、市場の動向、対米ドル、対ユーロをはじめとする円の為替レートなどが含まれます。業績予想の前提となる仮定については、【添付資料】5ページ【定性的
情報・財務諸表等】 3.連結業績予想に関する定性的情報 を参照ください。

四半期決算補足説明資料等については、当社ホームページの投資家情報(URL http://www.honda.co.jp/investors/)を併せて参照ください。
※ 注記事項
新規 ―社 (社名) 、 除外 ―社 (社名)
① 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 : 無
② ①以外の会計方針の変更 : 無
① 期末発行済株式数(自己株式を含む) 27年3月期1Q 1,811,428,430 株 26年3月期 1,811,428,430 株
② 期末自己株式数 27年3月期1Q 9,137,831 株 26年3月期 9,137,234 株
③ 期中平均株式数(四半期累計) 27年3月期1Q 1,802,290,925 株 26年3月期1Q 1,802,296,557 株
 
 

 
 
 
目 次
 

2014年度第1四半期 連結決算報告書
【定性的情報・財務諸表等】
1.連結経営成績に関する定性的情報 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2
2.連結財政状態に関する定性的情報 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4
    (1)当第1四半期連結累計期間の連結財政状況 ・・・・・・・・・・・・・4
    (2)当第1四半期連結累計期間の連結キャッシュ・フローの状況 ・・・・・4
3.連結業績予想に関する定性的情報 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5
4.サマリー情報(注記事項)に関する事項 ・・・・・・・・・・・・・・・・6
(1)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 ・・・・・・・・・6
5.四半期連結財務諸表 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7
(1)四半期連結貸借対照表 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7
(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書 ・・・・・・・・9
四半期連結損益計算書(第1四半期連結累計期間) ・・・・・・・・9
四半期連結包括利益計算書(第1四半期連結累計期間) ・・・・・・10
(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書 ・・・・・・・・・・・・・・・11
(4)継続企業の前提に関する注記 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12
  (5)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記 ・・・・・・・・・・12
  (6)セグメント情報 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13
 
 
??????㈱(7267)2015?3?? ?1???????
? 1 ?
【定性的情報・財務諸表等】

1.連結経営成績に関する定性的情報

第1四半期連結累計期間の連結業績の概況
2014年度第1四半期連結累計期間(2014年4月1日から2014年6月30日までの3ヵ月間)の連結売上高は、四輪事業や
二輪事業の売上高の増加、為替換算による売上高の増加影響などにより、2兆9,882億円と前年同期にくらべ5.4%の増
収となりました。
営業利益は、販売費及び一般管理費の増加や為替影響などはあったものの、コストダウン効果や売上変動及び構成差
に伴う利益増などにより、1,980億円と前年同期にくらべ7.1%の増益となりました。税引前利益は、1,988億円と前年同
期にくらべ15.6%の増益、当社株主に帰属する四半期純利益は、1,465億円と19.6%の増益となりました。

事業の種類別セグメントの状況
(二 輪 事 業)
(単位:千台)
 
二輪事業の外部顧客への売上高は、為替換算による売上高の減少影響などはあったものの、連結売上台数の増加な
どにより、4,077億円と前年同期にくらべ2.7%の増収となりました。営業利益は、販売費及び一般管理費の増加や為
替影響などはあったものの、台数変動及び構成差に伴う利益増などにより、439億円と前年同期にくらべ3.3%の増益
となりました。

※Hondaグループ販売台数は、当社および連結子会社、ならびに持分法適用会社の完成車(二輪車・ATV)販売台数です。一方、連結売上
台数は、外部顧客への売上高に対応する販売台数であり、当社および連結子会社の完成車販売台数です。
 
(四 輪 事 業)
(単位:千台)
 
四輪事業の外部顧客への売上高は、連結売上台数の増加や為替換算による売上高の増加影響などにより、2兆3,195
億円と前年同期にくらべ5.6%の増収となりました。営業利益は、販売費及び一般管理費の増加などはあったものの、
コストダウン効果や台数変動及び構成差に伴う利益増などにより、998億円と前年同期にくらべ3.6%の増益となりま
した。

※Hondaグループ販売台数は、当社および連結子会社、ならびに持分法適用会社の完成車販売台数です。一方、連結売上台数は、外部顧客
への売上高に対応する販売台数であり、当社および連結子会社の完成車販売台数です。また、当社の日本の金融子会社が提供する残価設
定型クレジットが、米国会計基準においてオペレーティング・リースに該当する場合、当該金融サービスを活用して連結子会社を通して
販売された四輪車は、四輪事業の外部顧客への売上高に計上されないため、連結売上台数には含めていませんが、Hondaグループ販売台
数には含めています。
 
 
第1四半期連結累計期間
Hondaグループ販売台数※ 連結売上台数※
       
2013年度 2014年度 増  減 増減率(%) 2013年度 2014年度 増  減 増減率(%)
二輪事業計 4,054 4,137 83 2.0 2,371 2,457 86 3.6
  日 本 54 48 △6 △11.1 54 48 △6 △11.1
  北 米 62 62 0 0.0 62 62 0 0.0
  欧 州 52 60 8 15.4 52 60 8 15.4
  アジア 3,479 3,593 114 3.3 1,796 1,913 117 6.5
  その他 407 374 △33 △8.1 407 374 △33 △8.1
 
第1四半期連結累計期間
Hondaグループ販売台数※ 連結売上台数※
       
2013年度 2014年度 増  減 増減率(%) 2013年度 2014年度 増  減 増減率(%)
四輪事業計 999 1,061 62 6.2 858 895 37 4.3
  日 本 140 202 62 44.3 139 201 62 44.6
  北 米 459 445 △14 △3.1 459 445 △14 △3.1
  欧 州 40 40 0 0.0 40 40 0 0.0
  アジア 285 316 31 10.9 145 151 6 4.1
  その他 75 58 △17 △22.7 75 58 △17 △22.7
 
??????㈱(7267)2015?3?? ?1???????
? 2 ?
(金融サービス事業)
金融サービス事業の外部顧客への売上高は、オペレーティング・リース売上の増加や為替換算による売上高の増加
影響などにより、1,867億円と前年同期にくらべ12.9%の増収となりました。営業利益は、増収に伴う利益の増加や為
替影響などにより、518億円と前年同期にくらべ16.1%の増益となりました。

(汎用パワープロダクツ事業及びその他の事業)
(単位:千台)
 
汎用パワープロダクツ事業及びその他の事業の外部顧客への売上高は、為替換算による売上高の増加影響などはあ
ったものの、汎用パワープロダクツ事業の連結売上台数の減少などにより、742億円と前年同期にくらべ1.3%の減収
となりました。営業利益は、研究開発費や販売費及び一般管理費の減少などにより、23億円と前年同期にくらべ
75.5%の増益となりました。

※Hondaグループ販売台数は、当社および連結子会社、ならびに持分法適用会社の汎用パワープロダクツ販売台数です。一方、連結売上台
数は、外部顧客への売上高に対応する販売台数であり、当社および連結子会社の汎用パワープロダクツ販売台数です。なお、当社は、汎
用パワープロダクツを販売している持分法適用会社を有しないため、汎用パワープロダクツ事業においては、Hondaグループ販売台数と
連結売上台数に差異はありません。
 
所在地別セグメントの状況
(日 本)
売上高は、四輪事業の売上高の増加などにより、9,879億円と前年同期にくらべ1.2%の増収となりました。営業利
益は、コストダウン効果などはあったものの、販売費及び一般管理費の増加などにより、621億円と前年同期並みとな
りました。
 
(北 米)
売上高は、為替換算による売上高の増加影響などにより、1兆5,455億円と前年同期にくらべ2.9%の増収となりま
した。営業利益は、コストダウン効果などはあったものの、売上変動及び構成差に伴う利益減や販売費及び一般管理
費の増加などにより、675億円と前年同期にくらべ6.0%の減益となりました。
 
(欧 州)
売上高は、二輪事業の売上高の増加や為替換算による売上高の増加影響などにより、1,945億円と前年同期にくらべ
10.6%の増収となりました。営業損失は、販売費及び一般管理費の減少やコストダウン効果などにより、14億円と前
年同期にくらべ82億円の改善となりました。
 
(ア ジ ア)
売上高は、二輪事業や四輪事業の売上高の増加などにより、7,334億円と前年同期にくらべ3.8%の増収となりまし
た。営業利益は、販売費及び一般管理費の増加などはあったものの、売上変動及び構成差に伴う利益増などにより、
652億円と前年同期にくらべ21.4%の増益となりました。
 
(その他の地域)
売上高は、四輪事業の売上高の減少や為替換算による売上高の減少影響などにより、2,082億円と前年同期にくらべ
13.5%の減収となりました。営業利益は、販売費及び一般管理費の増加や為替影響などにより、45億円と前年同期に
くらべ15.2%の減益となりました。
 
 
第1四半期連結累計期間
Hondaグループ販売台数/連結売上台数※
   
2013年度 2014年度 増  減 増減率(%)
汎用パワープロダクツ事業計 1,589 1,510 △79 △5.0
  日 本 63 68 5 7.9
  北 米 828 773 △55 △6.6
  欧 州 237 240 3 1.3
  アジア 364 336 △28 △7.7
  その他 97 93 △4 △4.1
 
??????㈱(7267)2015?3?? ?1???????
? 3 ?
2.連結財政状態に関する定性的情報

(1)当第1四半期連結累計期間の連結財政状況
当第1四半期連結会計期間末における総資産は、オペレーティング・リース資産の増加などはあったものの、受取
手形及び売掛金の減少や為替換算による資産の減少影響などにより、15兆4,878億円と前連結会計年度末にくらべ
1,342億円の減少となりました。
負債合計は、買掛金の減少や為替換算による負債の減少影響などにより、9兆3,196億円と前連結会計年度末にくら
べ1,889億円の減少となりました。
純資産合計は、為替換算による純資産の減少影響などはあったものの、非支配持分損益控除前四半期純利益などに
より、6兆1,681億円と前連結会計年度末にくらべ547億円の増加となりました。
 
(2)当第1四半期連結累計期間の連結キャッシュ・フローの状況
当第1四半期連結会計期間末における現金及び現金等価物(以下「資金」という。)は、1兆1,076億円と、前連結会
計年度末にくらべ612億円の減少となりました。
当第1四半期連結累計期間のキャッシュ・フローの状況と、その前年同期に対する各キャッシュ・フローの増減状
況は以下のとおりです。
 
営業活動によるキャッシュ・フロー
当第1四半期連結累計期間における営業活動の結果得られた資金は、3,546億円となりました。この営業活動による
キャッシュ・インフローは、部品や原材料の支払いの増加などはあったものの、四輪販売台数の増加に伴う顧客から
の現金回収の増加などにより、前年同期にくらべ504億円の増加となりました。
 
投資活動によるキャッシュ・フロー
当第1四半期連結累計期間における投資活動の結果減少した資金は、3,875億円となりました。この投資活動による
キャッシュ・アウトフローは、オペレーティング・リース資産の購入の増加などはあったものの、金融子会社保有債
権の取得の減少や金融子会社保有債権の回収の増加などにより、前年同期にくらべ1,106億円の減少となりました。
 
財務活動によるキャッシュ・フロー
当第1四半期連結累計期間における財務活動の結果減少した資金は、180億円となりました。この財務活動によるキ
ャッシュ・アウトフローは、借入に伴うキャッシュ・インフローの減少や配当金の支払いの増加などにより、前年同
期にくらべ991億円の増加となりました。
 
??????㈱(7267)2015?3?? ?1???????
? 4 ?
3.連結業績予想に関する定性的情報
 
現時点における当連結会計年度(2014年4月1日から2015年3月31日までの12ヵ月間)の連結業績の見通しは、以下の
とおりです。
 
連結業績の見通し
 
※為替レートは、通期平均で1米ドル=101円、1ユーロ=136円を前提としています。
 
なお、当連結会計年度の営業利益および税引前利益の見通しについて、対前連結会計年度の増減要因は以下のとおり
です。
 
 
1株当たり配当金
当社は、2014年7月29日開催の取締役会において、2014年6月30日を基準日とした当第1四半期末配当金を、1株当
たり22円とすることを決議いたしました。また、年間配当金の予想につきましては、1株当たり88円としています。
 
※前述の業績見通しは、現時点で入手可能な情報に基づき当社の経営者が判断した見通しであり、リスクや不確実性を含んでいます。従いま
して、これらの業績見通しのみに全面的に依拠して投資判断を下すことは控えるようお願いいたします。実際の業績は、様々な重要な要素
により、これらの業績見通しとは大きく異なる結果となり得ることを、ご承知おき下さい。実際の業績に影響を与え得る重要な要素には、
当社、連結子会社および持分法適用会社の事業領域をとりまく経済情勢、市場の動向、対米ドル、対ユーロをはじめとする円の為替レート
などが含まれます。また、利益増減要因の各項目については、当社が現在合理的であると判断する分類方法に基づき表示しています。
 
 
 
  通 期
売   上   高 128,000億円
  (対前連結会計年度増減率    8.1%)
営  業  利  益 7,700億円
  (対前連結会計年度増減率    2.6%)
税 引 前 利 益 7,550億円
  (対前連結会計年度増減率    3.6%)
当社株主に帰属する 6,000億円
当期純利益 (対前連結会計年度増減率   4.5%)
 
売上変動及び構成差等 1,257 
コストダウン効果・原材料価格変動影響等 500 
販売費及び一般管理費 △870 
研究開発費 △120 
為替影響 △570 
営業利益 対前連結会計年度 197億円
デリバティブの評価に関わる損益 △430 
その他の営業外損益 493 
税引前利益 対前連結会計年度 260億円
 
??????㈱(7267)2015?3?? ?1???????
? 5 ?
4.サマリー情報(注記事項)に関する事項
 
(1)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用
 
税金費用の計算
当社および連結子会社は、税金費用について、当四半期連結累計期間を含む連結会計年度の税引前利益に対する税
効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、当四半期連結累計期間の税引前利益に当該見積実効税率を乗じて計算
しています。ただし、見積実効税率の算定が困難な項目については、当四半期連結累計期間の実際実効税率を乗じて
計算しています。

 
??????㈱(7267)2015?3?? ?1???????
? 6 ?
5.四半期連結財務諸表

(1)四半期連結貸借対照表
(単位:百万円)

 
  前連結会計年度の連結貸借対照表 (2014年3月31日)
当第1四半期連結会計期間末
(2014年6月30日)
(資産の部)    
流動資産    
現金及び現金等価物 1,168,914 1,107,647
受取手形及び売掛金 1,158,671 1,048,694
金融子会社保有短期債権 1,464,215 1,478,573
たな卸資産 1,302,895 1,289,093
繰延税金資産 202,123 182,655
その他の流動資産 474,448 453,722
流動資産合計 5,771,266 5,560,384
金融子会社保有長期債権 3,317,553 3,292,260
投資及び貸付金    
関連会社に対する投資
及び貸付金 564,266 595,647
その他 253,661 262,185
投資及び貸付金合計 817,927 857,832
オペレーティング・リース資産    
賃貸用車両 2,718,131 2,794,472
減価償却累計額 △481,410 △482,073
オペレーティング・リース
資産合計 2,236,721 2,312,399
有形固定資産    
土地 521,806 519,775
建物 1,895,140 1,931,841
機械装置及び備品 4,384,255 4,388,157
建設仮勘定 339,093 308,058
  7,140,294 7,147,831
減価償却累計額 △4,321,862 △4,342,350
有形固定資産合計 2,818,432 2,805,481
その他の資産 660,132 659,465
資産合計 15,622,031 15,487,821
 
??????㈱(7267)2015?3?? ?1???????
? 7 ?
(単位:百万円)

 
  前連結会計年度の連結貸借対照表 (2014年3月31日)
当第1四半期連結会計期間末
(2014年6月30日)
(負債の部)    
流動負債    
短期債務 1,319,344 1,463,290
1年以内に期限の到来
する長期債務 1,303,464 1,175,081
支払手形 28,501 27,735
買掛金 1,071,179 946,753
未払費用 626,503 566,381
未払税金 43,085 62,882
その他の流動負債 319,253 349,723
流動負債合計 4,711,329 4,591,845
長期債務 3,234,066 3,204,962
その他の負債 1,563,238 1,522,845
負債合計 9,508,633 9,319,652
     
(純資産の部)    
当社株主に帰属する株主資本    
資本金 86,067 86,067
(発行可能株式総数) (7,086,000,000株) (7,086,000,000株)
(発行済株式総数) (1,811,428,430株) (1,811,428,430株)
資本剰余金 171,117 171,117
利益準備金 49,276 50,922
利益剰余金 6,431,682 6,536,898
その他の包括利益(△損失)
累計額 △793,014 △840,841
自己株式 △26,149 △26,151
(自己株式数) (9,137,234株) (9,137,831株)
当社株主に帰属する
株主資本合計 5,918,979 5,978,012
非支配持分 194,419 190,157
純資産合計 6,113,398 6,168,169
契約残高及び偶発債務    
負債及び純資産合計 15,622,031 15,487,821
 
??????㈱(7267)2015?3?? ?1???????
? 8 ?
(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書

四半期連結損益計算書(第1四半期連結累計期間)
(単位:百万円)
 
 
 
前第1四半期連結累計期間
(自 2013年4月1日
至 2013年6月30日)
当第1四半期連結累計期間
(自 2014年4月1日
至 2014年6月30日)
売上高及びその他の
営業収入 2,834,095 2,988,279
営業費用    
売上原価 2,124,409 2,238,262
販売費及び一般管理費 383,061 408,840
研究開発費 141,662 143,134
営業費用合計 2,649,132 2,790,236
営業利益 184,963 198,043
営業外収益(△費用)    
受取利息 5,992 5,152
支払利息 △2,974 △4,413
その他(純額) △15,946 31
営業外収益(△費用)合計 △12,928 770
税引前利益 172,035 198,813
法人税等    
当期分 43,866 78,567
繰延分 26,973 3,229
法人税等合計 70,839 81,796
非支配持分損益及び
関連会社持分利益調整前利益 101,196 117,017
関連会社持分利益 31,767 38,588
非支配持分損益
控除前四半期純利益 132,963 155,605
控除:非支配持分損益 10,464 9,093
当社株主に帰属する
四半期純利益 122,499 146,512
基本的1株当たり
当社株主に帰属する四半期純利益 67円97銭
81円29銭
 
??????㈱(7267)2015?3?? ?1???????
? 9 ?
四半期連結包括利益計算書(第1四半期連結累計期間)
(単位:百万円)
 
 
 
前第1四半期連結累計期間
(自 2013年4月1日
至 2013年6月30日)
当第1四半期連結累計期間
(自 2014年4月1日
至 2014年6月30日)
非支配持分損益
控除前四半期純利益 132,963 155,605
その他の包括利益(△損失)
(税引後)    
為替換算調整額 189,546  △55,326
売却可能な有価証券の
正味未実現利益(△損失) 8,694 8,284
デリバティブ商品の
正味未実現利益(△損失) 587 ─
退職年金及び
その他の退職後給付調整額
2,685  △4,726
その他の包括利益(△損失)合計 201,512  △51,768
四半期包括利益(△損失) 334,475 103,837
控除:非支配持分に帰属する
四半期包括利益
18,975 5,152
当社株主に帰属する
四半期包括利益(△損失) 315,500
98,685
 
??????㈱(7267)2015?3?? ?1???????
? 10 ?
(3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書
(単位:百万円)
 
 
 
前第1四半期連結累計期間
(自 2013年4月1日
至 2013年6月30日)
当第1四半期連結累計期間
(自 2014年4月1日
至 2014年6月30日)
営業活動によるキャッシュ・フロー    
非支配持分損益控除前四半期純利益 132,963 155,605
営業活動により稼得された
正味キャッシュへの調整項目    
減価償却費(オペレーティング・リース除く) 108,313 117,312
オペレーティング・リースに係る減価償却費 80,397 94,947
繰延税金 26,973 3,229
関連会社持分利益 △31,767 △38,588
関連会社からの現金配当 5,735 7,156
金融子会社保有債権クレジット損失引当金
及びリース残価損失引当金繰入額 4,623 3,528
オペレーティング・リースに係る固定資産評価損 615 385
デリバティブ評価損(△益)(純額) △21,038 627
資産の減少(△増加)    
受取手形及び売掛金 92,404 92,913
たな卸資産 38,389 △3,515
その他の流動資産 5,742 21,177
その他の資産 1,022 △8,833
負債の増加(△減少)    
支払手形及び買掛金 △101,821 △71,829
未払費用 △52,262 △48,100
未払税金 △2,065 20,876
その他の流動負債 46,310 37,092
その他の負債 △12,524 △6,440
その他(純額) △17,819 △22,871
営業活動によるキャッシュ・フロー 304,190 354,671
投資活動によるキャッシュ・フロー    
投資及び貸付金の増加 △9,696 △7,821
投資及び貸付金の減少 14,132 8,310
売却可能証券購入額 △16,453 △5,351
売却可能証券売却額 1,597 3,568
償還期限まで保有する有価証券購入額 △10 △357
償還期限まで保有する有価証券償還額 1,707 16
固定資産購入額 △210,696 △194,225
固定資産売却額 8,079 13,897
固定資産損壊に係る保険収入 6,800 ―
金融子会社保有債権の増加 △745,780 △652,357
金融子会社保有債権の回収 559,386 632,364
オペレーティング・リース資産購入額 △271,474 △361,262
オペレーティング・リース資産売却額 164,237 175,340
その他(純額) ― 328
投資活動によるキャッシュ・フロー △498,171 △387,550
財務活動によるキャッシュ・フロー    
短期債務の調達額 1,928,544 2,025,424
短期債務の返済額 △1,856,102 △1,876,723
長期債務の調達額 378,042 192,788
長期債務の返済額 △320,903 △303,734
配当金の支払額 △34,243 △39,650
非支配持分への配当金の支払額 △5,889 △5,053
自己株式の売却(△取得)(純額) △6 △2
その他(純額) △8,399 △11,142
財務活動によるキャッシュ・フロー 81,044 △18,092
為替変動による現金及び現金等価物への影響額 46,009 △10,296
現金及び現金等価物の純増減額 △66,928 △61,267
現金及び現金等価物の期首残高 1,206,128 1,168,914
現金及び現金等価物の四半期末残高 1,139,200 1,107,647
 
??????㈱(7267)2015?3?? ?1???????
? 11 ?
(4)継続企業の前提に関する注記

該当事項はありません。
 
(5)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記

該当事項はありません。
 
 
??????㈱(7267)2015?3?? ?1???????
? 12 ?
(6)セグメント情報

当社の事業セグメントは、経営組織の形態と製品およびサービスの特性に基づいて二輪事業・四輪事業・金融サー
ビス事業・汎用パワープロダクツ事業及びその他の事業の4つに区分されています。
以下のセグメント情報は、独立した財務情報が入手可能な構成単位で区分され、定期的に当社の最高経営意思決定
機関により経営資源の配分の決定および業績の評価に使用されているものです。また、セグメント情報における会計
処理基準は、当社の四半期連結財務諸表における会計処理基準と一致しています。

各事業の主要製品およびサービス、事業形態は以下のとおりです。

① 事業の種類別セグメント情報
(注) 1.セグメント間取引は、独立企業間価格で行っています。
2.資産の消去又は全社の項目には、セグメント間取引の消去の金額および全社資産の金額が含まれています。全社資産の金額は、前
第1四半期連結会計期間末および当第1四半期連結会計期間末において、それぞれ285,682百万円、253,224百万円であり、その主
なものは、当社の現金及び現金等価物、売却可能な有価証券および償還期限まで保有する有価証券です。
3.前第1四半期連結累計期間および当第1四半期連結累計期間の金融サービス事業の減価償却費のうち、オペレーティング・リース
資産に係る減価償却費の金額は、それぞれ80,397百万円、94,947百万円です。
4.前第1四半期連結累計期間および当第1四半期連結累計期間の金融サービス事業の資本的支出のうち、オペレーティング・リース
資産の購入額は、それぞれ271,474百万円、361,262百万円です。
 
 
事 業 主 要 製 品 お よ び サ ー ビ ス 事 業 形 態
二 輪 事 業 二輪車、ATV、関連部品 研究開発・生産・販売・その他
四 輪 事 業 四輪車、関連部品 研究開発・生産・販売・その他
金 融 サ ー ビ ス 事 業 金融、保険 当社製品に関わる販売金融およびリース業・その他
汎用パワープロダクツ事業
及びその他の事業 汎用パワープロダクツ、関連部品、その他 研究開発・生産・販売・その他
 
            (単位:百万円)
前第1四半期連結累計期間 二輪事業 四輪事業 金融サービス
事 業
汎用パワープロ
ダクツ事業及び
その他の事業
計 消去又は全社 連 結
売上高及びその他の
営業収入              
(1)外部顧客 396,870 2,196,591 165,396 75,238 2,834,095 ― 2,834,095
(2)セグメント間 ― 4,404 2,592 2,718 9,714 △9,714 ―
計 396,870 2,200,995 167,988 77,956 2,843,809 △9,714 2,834,095
営業利益(△損失) 42,582 96,377 44,643 1,361 184,963 ― 184,963
 
資 産 1,182,953 5,852,034 7,206,853 334,441 14,576,281 △377,965 14,198,316
減 価 償 却 費 12,145 92,554 80,755 3,256 188,710 ― 188,710
資 本 的 支 出 13,026 165,344 272,287 3,611 454,268 ― 454,268
 
当第1四半期連結累計期間 二輪事業 四輪事業 金融サービス
事 業
汎用パワープロ
ダクツ事業及び
その他の事業
計 消去又は全社 連 結
売上高及びその他の
営業収入              
(1)外部顧客 407,742 2,319,594 186,701 74,242 2,988,279 ― 2,988,279
(2)セグメント間 ― 4,158 2,637 2,759 9,554 △9,554 ―
計 407,742 2,323,752 189,338 77,001 2,997,833 △9,554 2,988,279
営業利益(△損失) 43,985 99,836 51,834 2,388 198,043 ― 198,043
 
資 産 1,207,203 6,317,177 8,009,019 365,019 15,898,418 △410,597 15,487,821
減 価 償 却 費 11,962 102,050 95,659 2,588 212,259 ― 212,259
資 本 的 支 出 9,273 139,971 362,199 1,976 513,419 ― 513,419
 
??????㈱(7267)2015?3?? ?1???????
? 13 ?
当社は、米国において一般に公正妥当と認められた会計原則で要求される開示に加え、財務諸表利用者に有用な情
報を提供するため、以下の情報を開示します。

② 所在地別セグメント情報(当社および連結子会社の所在地別)
(注) 1.国又は地域の区分の方法および各区分に属する主な国又は地域
(1) 国又は地域の区分の方法………地理的近接度によっています。
(2) 各区分に属する主な国又は地域………北米:米国、カナダ、メキシコ
欧州:英国、ドイツ、フランス、ベルギー、ロシア
アジア:タイ、インドネシア、中国、インド、ベトナム
その他の地域:ブラジル、オーストラリア
2.セグメント間取引は、独立企業間価格で行っています。
3.資産の消去又は全社の項目には、セグメント間取引の消去の金額および全社資産の金額が含まれています。全社資産の金額は、前
第1四半期連結会計期間末および当第1四半期連結会計期間末において、それぞれ285,682百万円、253,224百万円であり、その主
なものは、当社の現金及び現金等価物、売却可能な有価証券および償還期限まで保有する有価証券です。
 
 
              (単位:百万円)
前第1四半期連結累計期間 日 本 北 米 欧 州 ア ジ ア その他の地域 計 消去又は全社 連 結
売上高及びその他の
営業収入                
(1)外部顧客 433,538 1,405,502 158,869 598,369 237,817 2,834,095 ─ 2,834,095
(2)セグメント間 542,346 95,806 17,113 108,374 2,902 766,541 △766,541 ─
計 975,884 1,501,308 175,982 706,743 240,719 3,600,636 △766,541 2,834,095
営業利益(△損失) 62,187 71,858 △9,740 53,755 5,415 183,475 1,488 184,963
 
資 産 3,219,164 8,062,987 629,302 1,688,083 739,109 14,338,645 △140,329 14,198,316
長 期 性 資 産 1,186,448 2,679,540 126,393 466,100 156,205 4,614,686 ― 4,614,686
 
当第1四半期連結累計期間 日 本 北 米 欧 州 ア ジ ア その他の地域 計 消去又は全社 連 結
売上高及びその他の
営業収入                
(1)外部顧客 547,782 1,453,788 174,248 604,731 207,730 2,988,279 ─ 2,988,279
(2)セグメント間 440,177 91,806 20,345 128,698 534 681,560 △681,560 ─
計 987,959 1,545,594 194,593 733,429 208,264 3,669,839 △681,560 2,988,279
営業利益(△損失) 62,149 67,513 △1,487 65,278 4,593 198,046 △3 198,043
 
資 産 3,443,404 8,780,234 679,266 1,999,224 748,039 15,650,167 △162,346 15,487,821
長 期 性 資 産 1,272,648 3,099,387 138,779 584,700 165,113 5,260,627 ― 5,260,627
 
??????㈱(7267)2015?3?? ?1???????
? 14 ?

Ads

関連記事

【7649】スギHD支配株主等に関する事項についてのIR速報

20160527 15:30、スギHD(7649)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下

記事を読む

【2362】J-夢真HD平成27年9月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)のIR速報

20150731 15:30、J-夢真HD(2362)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら

記事を読む

【3355】クリヤマHD平成29年12月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)のIR速報

20171110 16:30、クリヤマHD(3355)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら

記事を読む

【3865】北越紀州パルプ製造会社の完全子会社化(株式取得)及び開示事項の経過に関するお知らせのIR速報

20150327 15:00、北越紀州(3865)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下

記事を読む

【1565】日経カバコ『日経カバードコール指数上場投信』(ETF)の収益分配金見込額のお知らせのIR速報

20160120 10:00、日経カバコ(1565)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以

記事を読む

【3313】ブックオフ平成27年7月 月次の売上状況についてのIR速報

20150804 15:00、ブックオフ(3313)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以

記事を読む

【3068】J-WDI平成27年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)のIR速報

20140812 15:00、J-WDI(3068)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以

記事を読む

【1852】浅沼組平成30年3月期 第2四半期決算補足資料のIR速報

20171109 15:00、浅沼組(1852)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下、

記事を読む

【8077】小林産業平成26年10月期 決算短信〔日本基準〕(連結)のIR速報

20141212 15:00、小林産業(8077)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下

記事を読む

【5851】リョービ平成30年度3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)のIR速報

20171031 13:00、リョービ(5851)の新着情報を配信します。PDFファイルはこちら以下

記事を読む

Ads

Ads